岸田整骨院


by kishida-golgi

運動不足

 杉本ですヽ(*´∀`)ノ゜.:。+今日は私の運動不足の話です。
 久しぶりに電車で出かける日、家から駅まで少し早めに歩きました。駅の階段を登りきると軽く息切れし、『はぁ…、体力落ちたなぁ』なんて思いながら汗だくで電車に乗りました。
 『仕事で動いてるし、犬の散歩も毎日してるのに』どうして10分弱歩いたくらいで、こうなってしまったのでしょうか(´・ω・`)
 自動車の免許を取ってから、本当に歩くことが少なくなってしまいました。歩くことが嫌いではないので、犬の散歩は毎日張り切って行きます。買い物に行った時は荷物を持ちながら何時間も歩きます。
 でも、何かをしながら歩くのはあまり疲れないんですよね。1人で駅まで同じペースで歩くのは気持ちよく疲れます。犬の散歩は止まったり引っ張られたり、買い物は友達としゃべりながらでは、運動とは言えませんよね。
 
 12年間ずっと続けてきた犬の散歩は体力維持になってなかったんですよヾ(;≧~≦)ノ1日2回×365日×12年間の犬とのなんちゃってウォーキング。犬は楽しそうなのでこれからも続けます…。
 
 
[PR]
# by kishida-golgi | 2007-07-04 18:06

ゴルジの健康セミナー

昨日土曜日に地域の公民館をお借りして、普段ゴルジに来て頂いている方や地域の方を対象に健康セミナーを行いました。
毎月1回、スポーツセミナーや健康体操などを地域の公民館で始めて2年目に入ります。
今回のテーマは、以前このブログでお知らせしました、『腰痛とバランスボール』でした。
8人の方に参加して頂いて(全員女性でした!)、90分間、前半30分は腰痛が起こるメカニズムについて簡単に説明し、後半はそれを踏まえての実技を行いました。実技は、ボールを使った基本的な骨盤運動やストレッチ、簡単な腹筋・背筋運動を行いました。音楽に合わせながらの骨盤運動でしたが、皆さん苦戦しながらも最後にはスムーズに骨盤が前後左右、回す動きが出来るようになっていました。
参加者の半数以上の方が家にバランスボールを持っているということでしたが、ほとんどの方が口をそろえて「段々隅に追いやって、今はどこかに眠っている」とのことでした(笑)
普段、今回参加してくださった方以外の方と話していても「いつの間にやらどこかに・・・」ということが多いようです。 ぜひ、いいものですから活用してくださいね!
参加してくださったみなさん、公民館の館長さんありがとうございました。また来月もよろしくお願い致します。
                              トレーナー 高橋 佳史
             【ボールで骨盤運動中です!】
a0099285_7452375.jpg

[PR]
# by kishida-golgi | 2007-07-01 20:21

笹の葉、さ~らさら♪

もうすぐ七月七日の夜の星祭り。今ゴルジの待合室の一角に、短冊がたくさんつるされた笹を飾っています。先週から飾っているのですが、患者さんやスタッフが一枚書き、一枚書きしていき、今では笹がちょっと重そう?なぐらい。色とりどりの短冊には、それぞれ願いが込められています。

a0099285_23204342.jpgスポーツをしている子ども達は、「優勝!」
「ケガが早く治りますように」
読めますか?真ん中にあるのは「日本一のセッターになれますように」
まるで、願いというより決意発表のよう。応援しています!!

ところで七夕というと、織女星と牽牛星の伝説が有名です。
「天帝の娘、織女と牛飼いの牽牛夫婦が天の川で隔てられ、年に1度、7月7日だけ会うことを許された」というお話し、もとは中国から来た伝説です。
織女星はこと座の星「ベガ」、牽牛星はわし座の星「アルタイル」。ともに一等星で、真夏の夜空には天頂付近に輝く青白い美しい星です。
ちなみに、七夕の夜には天の川にカササギが橋を架けて二人を会わせてくれるそうですが、現在の星座では織女星と牽牛星の間には白鳥座があり、この橋の役割を果たしてくれているように見えます^^

今年の七夕は、どうか星がよく見えるお天気でありますように、そしてみんなの願いが届きますように・・。


                                   寺峰 千子
[PR]
# by kishida-golgi | 2007-06-29 23:23

テーピング講習会

昨日テーピング講習会に講師として参加してきました。 
社団法人和歌山県柔道整復師会主催の柔道大会(和歌山県で最大規模の小学生の大会です)会場の隣接会場で、保護者・指導者の方などを対象にテーピング講習会が開かれました。
参加者総勢約60~70人、講師として和歌山県柔道整復師会の会員約15人がそれぞれ4グループに分かれて行いました。内容は、足関節のテーピングを最初にみんなで練習し、その後は参加者の方のリクエストに合わせて、みんなで練習をしていくというものでした。
参加者は保護者の方が多かったですが、みなさん真剣で実技も積極的に参加してくださいました。リクエストの時間にも、「膝を痛めた場合はどのようにテーピングするんですか?」、「突き指をした時はどのようにしたらいいですか?」等々たくさんの質問が飛び交いました。そのせいもあってか、朝9時~12時までの3時間があっという間に過ぎました。講習会での技術を少しでも現場やご家庭に持ち帰って頂き、お子さん方のケガ予防やスポーツ活動に役立てていただければ幸いです。
                              トレーナー 高橋 佳史
            【岸田代表、熱血指導中!!】
a0099285_7314152.jpg

     【たくさんの少年少女柔道家が集まる大きな大会でした】
a0099285_7324953.jpg

[PR]
# by kishida-golgi | 2007-06-25 05:27
 ある患者さんとの会話。
私  :「Aさん腰の具合はどうですか?」
Aさん:「先生、朝から痛いんですよ~」
私  :「朝から痛いんでしたら、昨日何かしませんでした?」
Aさん:「別になんにもしてないんだけどなぁ~???」
 よくある患者さんとのやりとり。痛みが強くなるには何か理由があるはず。話を続けると・・・
私  :「例えば、重い物を持ったとか・・・?」
Aさん:「別に家でじぃ~っとしてたよ」
私  :「ホントにじぃ~っとしてた?」
Aさん:「ウン。友達が来たから、2時間ほどお茶してしゃべっとったんよ」
私  :「そーら、それが原因だ。やっぱり」
Aさん:「???」

 おわかりでしょうか。Aさんにとっては友達とのお茶は楽しい時間を過ごしただけですが、腰にとっては長時間座ったままの姿勢はものすごくストレスを受けているわけです。ましてや最近調子が悪く治療を続けていたのですから、少し痛みが楽だからといって、長い時間の座り詰めは腰にとっては大きな負担となりました。Aさんにとっての楽しいひとときは、腰にとっては大変な時間だったのです。そして翌日の痛みとなって現れました。
 これらはよくある実話に近い会話です。皆さんも「なんにもしていない」と思う前に、もう一度自分の行動を考えるきっかけにしてみて下さい。

                              岸田 昌章
[PR]
# by kishida-golgi | 2007-06-22 10:47