岸田整骨院

kishigolgi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 1436 )

弁慶の泣きどころ

 一般的には「向こう脛(むこうずね)」と言われ、膝から足首の範囲の前面を指す。歴史上の武蔵坊弁慶でさえも、ここを強打されたりすれば泣いてしまうほど痛いと言われることから。
 皮膚の下にすぐ脛骨の表面があり、この表面には知覚を司る神経が豊富に存在するため、少しの衝撃でもかなりの痛み。野球のキャッチャーなどはユニフォームの外側にハードカバーのプロテクターをしているのを目にすることが多いはず。フットボール系の選手達もソックスの下に、スネの前面を被うガードを装着する選手達も多数。
 眼から火が出るほどの痛みと例えられるほど。

a0099285_16344836.jpg

向こう脛、中央の変色した部分を強打したばかりの写真。

[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-17 05:00

寒中

 元日から早いもので2週間。一年中で最も寒い時期。北海道や東北地方では連日、暴風や降雪で悩ましい日々のよう。関西を含めた西日本では正月以後まとまった雨も少なく、おしめり程度。そのためか空気も乾燥し、インフルエンザの流行も最高の様子か、体調不良の方も多い。
 寒中ではあるが、確実に自然界は春へ一歩ずつ。先日の日曜日などの好天の際、車窓からの日差しは春を感じさせるほどの勢い。気温も上がり、上着を小脇に抱えている人も。
 まだまだ油断はできず、ドカ雪もあるかもしれないが、比較的今までは暖かい寒中。来週は“大寒”を迎えるが、このまま暖冬を期待。

[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-16 05:00

本物

連休中は本物に学び、触れる3日間に。指導者講習会では、身体のしくみとつくりからのメカニズムによる、バレーボールの技術の裏付け。そして人間学は勿論、小中学生の心理に及ぶまでたっぷりの二日間。
昨日は、大阪市内の美術館に於いて「ルーブル美術館展」最終日に入場。紀元前1500年〜1600年前の、教科書で見るような彫刻や絵画がたっぷりと。本物に触れる事で、魂が揺さぶられる。

[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-15 05:00

捻挫

 とある会話。「ねんざって、膝にもあるんですね!足首だけと思ってた!」一般の方には分かりにくい?
 膝といえば、十字靭帯が断裂すれば手術、半月板を痛めたとか高齢者の変形性膝関節症などで通っているからだろうか?肩も肘も、関節と名の付くところには捻挫もあるのだが、病院やクリニックなどではあまり捻挫とは呼ばず、「骨には異常ないです!」で片付けられることも。
 捻挫ぐらいシップで大丈夫は、まだまだスポーツの現場でも多いはず。繰り返し痛めてしまう捻挫は、パフォーマンスの低下につながるし、二次的に色々な箇所への痛みに。

[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-14 05:00

金言

体育館と研修室と料理屋での数々の金言。解っているようで分かっていない。バレーボールに限らず、教育・仕事そして生き方に至るまで。欲しい情報だけ求めても断片的。一言一句聞き漏らさず反芻してこそ。
[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-13 05:41

顔ぶれ

 年に2回、自然体バレーに関わる指導者の講習会の事務方として10年。今回が21回目を迎え、流行り風に示せば“平成最後の公認講師養成講習会”に(笑)
 10年ひと昔と言われるが、参加者の顔ぶれにも変化が。今回愛知県からの女性指導者、そして地元・和歌山からも若手教師が参加。他2人と、合計4人の初参加組。何事も同じ顔ぶれになると活性化しないと言われる中、新しい顔ぶれは大いに歓迎。されど参加者は、初の会場、初の講習会の雰囲気、そしてどんな内容か?などなど、ワクワク期待感と緊張感と不安感も交錯のはず。
 こんな時こそ“おもてなし”でお迎え。時間の経過とともに、居心地よく感じてもらえれば。


[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-12 05:00

スター選手

 我が街出身のプロ野球選手、それも日本を代表する強打者となった筒香選手が、スポーツ推進アドバイザーとして就任したとの報道。彼自身、昨年の今頃、野球界の「勝利至上主義」に現役選手としては異例の発言をなし、自身の著書でも詳しく述べられているほど。
 20日にはキャンプイン直前にも関わらず、筒香選手が帰省し、地元で「ミニ運動会」の開催予定。プロ現役選手が未来に向けて動き始め、スポーツ界の潮流にも変化は続くよう。

a0099285_09234218.jpg


[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-11 05:00

整復

 街中では、駅前や人通りの多い店舗などで、“○○整骨院”や“△△接骨院”の看板が至るところで目に付くことに。その理由はまたの機会として。マーケット的には健康保険が利用できるマッサージ、或いは矯正法ぐらいの認識だろうか?国家資格である「柔道整復師」の資格を保有し初めて“○○整骨院”と名乗れるのだが、保険の適用ができるようになるためには、今年以後ハードルが非常に高くなることに。
 既存で開業している整骨院の中にも、保険の適用に対してあいまいさも少なからず。特に整骨院は療養費扱いとされており、その中にマッサージは決して含まれてはいない。療養費の場合、整復・固定が技術としてあるのだが、用いる側も理解不足で利用する側はなおさら。
 一目で分かりやすくすればベターだが、すっきりできないのが“税金”などの区分けと同じか?
[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-10 05:00

えべっさん

 本日、宵宮。えべっさんと言えば、関西のメジャーなところは西宮や今宮のえべっさんが特に有名。されど小さな街々にもえべっさんは存在。単に商売の神さんだけではなく、地域の鎮守として人々から長い歴史の中で脈々とつながるコミュニティーの核。
 我が家の東側にも慶賀野蛭子神社が地区の中心部に存在し、地元住民が年中の行事のあるごとに集う。今年は“のぼり”も新調され、早くも年末から雰囲気づくりに一役。通称“おやき”と呼ばれる地元住民による手造りのあんこ入りの焼きまんじゅうは、この時期ならではの隠れ名品のひとつ。
 そんなこんなの地域のつながりが、“いざっ!”の時の“絆”に。


a0099285_08132689.jpg

[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-09 05:00

シッティングバレー

 春高バレーの会場において、東京オリパラ向けてのシッティングバレーも開催との報道。全日本女子監督も立場上、ひと役を買って下さった。
 “SPORTS”複数形ならではの、高校ビッグ大会とのコラボ。

a0099285_08062582.jpg

[PR]
by kishida-golgi | 2019-01-08 05:00