岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お知らせ♪

12月30日(火)~1月4日(日)まで勝手ながら休診とさせていただきます。
1月5日(月)より通常通り診療となります☆
今年1年も岸田整骨院・ボディーステーションゴルジは皆様に支えられて感謝の一言です☆
来年も岸田整骨院・ボディーステーションゴルジをよろしくお願いしますm(_ _)m
                                               スタッフ一同
[PR]
by kishida-golgi | 2014-12-29 15:25 | Comments(0)

冬至

 冬至といえばナンキンとユズ。下の写真はどっち?

 答えはユズ。横幅15cm、高さ12cmの巨大ユズ。今夜はユズ湯にしてあったまろう!
a0099285_9323964.jpg

                           岸田 昌章
[PR]
by kishida-golgi | 2014-12-22 09:33 | Comments(0)
当院ではスポーツ障害の治療を得意としており、毎日午後の時間帯は小中学生から高校生のスポーツ選手が数多く来院してくれます。
最近は都市型マラソンの開催が多くなり市民ランナーもずいぶん増加し、朝夕にジョギングされている方を数多く見かけるようになりました。結果、無理な練習量や走り方によってランニング障害も増加傾向にあります。今後毎週水曜日に「run♪run ランニング通信」と題して連載を行いますのでぜひ参考にして毎日の楽しいランニングを続けてください。

骨化性筋炎
サッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツに多く発生するがマラソンなどの繰り返し外力によっても発生する。症状は痛みや腫れ酷くなると可動域制限をおこします。
骨化性筋炎は筋肉の炎症に引き続いてカルシウムが沈着し、石灰化現象が起こって筋組織の中に骨が形成されることをさします。大腿部前面に起こりやすく、この部分に強い打撃を受けた後によく見られます。チャーリーホース(太ももの打撲)の処置が適切でなく痛みを無視して筋肉を激しく使ってしまうことで起こります。この他にもしこりのある筋肉を強くもむようなマッサージ、痛みがある時点での無理なストレッチも骨化性筋炎の原因となるので注意が必要です。
a0099285_16112781.gif


                                              石井 康裕
[PR]
by kishida-golgi | 2014-12-17 08:00 | Comments(0)
当院ではスポーツ障害の治療を得意としており、毎日午後の時間帯は小中学生から高校生のスポーツ選手が数多く来院してくれます。
最近は都市型マラソンの開催が多くなり市民ランナーもずいぶん増加し、朝夕にジョギングされている方を数多く見かけるようになりました。結果、無理な練習量や走り方によってランニング障害も増加傾向にあります。今後毎週水曜日に「run♪run ランニング通信」と題して連載を行いますのでぜひ参考にして毎日の楽しいランニングを続けてください。

正しいシューズの選び方

ランニングをする際、最も大切な道具がシューズです。
ですが、正しい選び方をわかっているランナーは意外と少なかったりします。
以下のシューズ選びを参考に、自分に合ったシューズを選んでみてください。

1、目的に合ったシューズを選ぶ
  短距離用、長距離用、さまざまなシューズがありますが、
  軽いから、という理由で決めるのは間違いです。
  とくに長距離を走るときは、ソールの厚いクッションの優れた、
  膝や足首への負担が軽減されるものを選びましょう。

2、サイズの合ったシューズを選ぶ
  自分の足をよく理解し、夕方にきちんと履いてみて、フィット感の得られるものを選びましょう。
  つま先は1cmくらい余裕のあるものが良いでしょう。

3、店員さんに相談する
  スポーツショップなどでは、店員さんが選び方をアドバイスしてくれます。
  自分のランニングのレベル、土踏まず(アーチ)の高さや足の硬さなど
  色々とチェックしてくれるところもあります。
  そして、それらを踏まえて自分の足に合ったシューズをお勧めしてくれます。
  どんどん活用しましょう。

a0099285_921446.gif


                                      北谷 健
[PR]
by kishida-golgi | 2014-12-10 08:30 | Comments(0)

講演

 橋本市内の中心街に位置する歴史のある小学校から、講演依頼があり出向くことに。
 テーマの要望が「生活習慣と小学生の体力」とライフワークとして取り組んでいる内容。小学校PTAの保体部の先生や保護者を前に約1時間の講演。生活習慣の乱れから体力の低下と二極化が叫ばれて久しい。少しでも日常生活の役に立てれば。
a0099285_1649334.png

                     岸田 昌章
[PR]
by kishida-golgi | 2014-12-03 16:49 | Comments(0)
当院ではスポーツ障害の治療を得意としており、毎日午後の時間帯は小中学生から高校生のスポーツ選手が数多く来院してくれます。
最近は都市型マラソンの開催が多くなり市民ランナーもずいぶん増加し、朝夕にジョギングされている方を数多く見かけるようになりました。結果、無理な練習量や走り方によってランニング障害も増加傾向にあります。今後毎週水曜日に「run♪run ランニング通信」と題して連載を行いますのでぜひ参考にして毎日の楽しいランニングを続けてください。

「外反母趾」


a0099285_10143964.jpg


 健康のためにと、ランニングを正しく足に合った靴を履いていなかったり、変なランニングフォームで走っていたりすると、男性や子どもさんでもなる可能性はおおいにあります。
 外反母趾になると、クッションの役割を果たすはずの足の裏が正常に機能しなくなり、体の各部位の炎症が起き痛みを感じるようになります(膝痛・腰痛等)。そうならないためにも、運動とケアの両立が大切です。


                                             岸田 健吾
[PR]
by kishida-golgi | 2014-12-03 08:00 | Comments(0)