岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

腫れのない捻挫

a0099285_18575024.jpg
 バレーボールの練習中に足を捻じって痛めたのですが、腫れは全くありません。骨も異常はないのですが、くるぶしの外側を通っている腓骨筋腱と呼ばれる腱に痛みがあります。
 “腫れ”が出ないから大丈夫ではなく、「腫れが現れにくい捻挫」があることも知っておいて下さい。

                                    岸田 昌章
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-28 18:58 | Comments(0)

日焼け後のアフターケア

日差しが厳しくなるこれからの季節は、日焼け後のアフターケアが肝心です。
日焼けは軽いやけどと同じ状態ですが、やけどとは違いすぐに症状がでないことが特徴です。
日に当たってから4~5時間後に肌が赤くなり、翌日に最も症状が悪化するのでケアが遅れがちです。
日差しを浴びすぎたと感じたら、すぐにアフターケアを。

アフターケア
1 ぬれタオルやシャワーで日焼け部分を冷やす。
2 消炎成分入り軟こうを塗る
3 抗酸化作用のあるビタミンC、Eなどを含むかぼちゃ、豆類などをとる。

アフターケアも大切ですが、日焼け対策もしっかりして、海水浴やキャンプなど夏のイベントを楽しみましょう。

                                       北谷 健
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-28 09:49 | Comments(0)

内出血

a0099285_1818186.jpg
 扉に挟み痛めた小学生の薬指です。
 レントゲン検査では全く異常はないのですが、レントゲンには写らないほどの骨膜の傷が大きいと考えられます。よって内出血が強く現れているのです。回復には、骨折と変わらないほどの日数を要します。
 レントゲンで「骨に異常なし!」でも、要注意の例です。

                                                岸田 昌章
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-26 18:18 | Comments(0)
自動販売機は日本全国に500万台以上設置されています。
日本の自動販売機の台数は世界的にみても多く、現在設置されているのは約500万台ぐらいです。その約半数が飲料用です。その割合はなんと国民50人に1台\(◎o◎)/!しかも海外では、防犯の理由から屋内に設置されているケースがほとんどです。屋外の台数は、日本が圧倒的に1位というから、日本の治安のよさはまだまだ折り紙つきのようです。
 飲料以外の珍しいものとしては、バナナ、納豆、すし、文庫本、お守りの珍しい自販機なんて物もあるようで・・・   見かけたらトライしてみては(^^♪

                     下垣 千恵美
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-24 11:40 | Comments(0)

男性の冷え症増加中!!

冷え症は、冬、女性に多い症状として知られています。ところが最近は夏に、男性や子どもにまで冷え症が増えています。
冷え症の典型的な症状としては、手足の冷えが知られています。しかし、それだけではなく、鼻水や喉の痛み、頭痛などの風邪に似た症状から、全身のダルさや疲れやすさ、食欲不振や下痢などの消化器の障害、イライラ感、肩こり、腰痛、など、人によってさまざまな症状がみられます。夏の冷え症の引き金となるのが、エアコンによる冷房病です。デスクワークや室内で仕事をする女性たちには冷房病がよくみられるため、真夏でも上着や厚手の靴下、あるいは膝掛けなどを用意している人が少なくありません。
ところが男性の場合、まさか自分が冷房病や冷え症とは思わないため、何も対策をとらずにいて体調を崩すケースがみられます。特に中高年の方は、動脈硬化や血管の老化などから血液の流れが悪くなるので注意が必要です。
これからの季節、どんどん暑くなってきます。熱中症にも注意が必要ですが、薄手の上着を羽織るなどして冷房病にも注意してください!!

                                               石井 康裕
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-18 11:06 | Comments(0)

基礎代謝量

 基礎代謝量とは人間が生活するために最低限必要なエネルギー量のことです。
 成人男性では1日あたり約1500キロカロリー。部屋でゴロゴロしていてもこれだけのカロリーが消費されています。基礎代謝量は筋肉量と比例するので、筋肉量が増えれば消費カロリーも上がり、太りづらいからだになるということです。
 凝り固まった筋肉がほぐれ血流が良くなることでも代謝は上がるので、食事制限をするよりも、ストレッチや筋力トレーニングをする方が健康的&効果的ですね(´ω`*)
 「筋トレをするとムキムキになっちゃうんじゃ…?」特に女性はそう思う人もいるかもしれませんが、ムキムキになるには重いウェイトを持ち上げるなど大きな負荷を繰り返しかけていく必要があるので、道具を使わないエクササイズなら大丈夫ですよ~☆杉本
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-13 23:32 | Comments(0)
色鮮やかな緑黄色野菜に比べて、大根や玉ねぎ、キャベツなどの色が薄い野菜は栄養素も少なく頼りないように思います。しかし、免疫システムをつかさどる白血球を活性化させるには、白っぽい野菜のほうが有効だそうです。その理由は、淡色野菜に多種類含まれている「ファイトケミカル」と呼ばれる成分が関係しています。「ファイト」とは、ギリシャ語で植物を意味するそうで、ファイトケミカルは、免疫力を向上させる働きがあるといわれています。

                                岸田 健吾
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-11 10:29 | Comments(0)
「使いすぎ症候群」にならない方法
使いすぎ症候群にならないためにどうすればいいか、考えてみましょう。

□ウォーミング・アップ不足
  ・30分間程度のウォーミングアップが理想。短くても15分間は行う。
  ・どのスポーツでも動きの基本となる、股関節や体幹胴体の部分をしっかり動かしておこう!

□ ストレッチの不足
  ・練習後のストレッチは20~30分間かけて行う。
  ・ストレッチの時間がない場合や、特に疲れている時は、家でお風呂上りにもう一度20分間    くらいストレッチする。
  ・毎日、筋肉を押して痛みやハリがあるかどうかチェックしよう。
    (すね・ふくらはぎ・ひざ・ふともも・腰・肩・ヒジまわりなど) 痛みやハリがあったら、    特に念入りに伸ばしておこう!
  ・ストレッチは練習中、休けいや待ち時間などの合間にもやってみよう!!
 
□ 体力
  ・筋力にみあわない練習
  ・練習中後に痛みが出る、1週間以上疲れがとれにくい、体が重く食欲がないなど体調がよくな  い場合は、親やコーチ、指導者の先生に相談しよう。
  
                                 浮世麻耶
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-07 12:21 | Comments(0)

水は飲んでも太るの?

「水太りした」ということばをよく聞きますが、実はそれはありえないことである。

    太る=脂肪が増えることなので、水を飲んでも太ることはなく、そう思い込んでいる人は、無意識のうちに何かをつまんでいたりしてることがおおいそうだ。
  
   まず食事内容を見直してくださいね。(*^_^*)
                    前谷
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-06 10:28 | Comments(0)

6月

 6月にまつわる言葉に「ジューンブライド」があります。「6月の花嫁は幸せになれる」というヨーロッパから伝わったジンクスです。
 その由来はいくつかあるようです。

 ☆6月の英語名「JUNE」は、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来していることから。
 ☆ヨーロッパの6月は1年で最も雨が少ない時期。「復活祭」が行われる月でもあるので、ヨーロッパ全体がお祝いムードになるから。
 ☆ヨーロッパでは農作業の妨げになることから、3~5月は結婚が禁じられており、解禁になる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったから。

 日本では6月は梅雨の真っ只中。昔は6月の挙式を避けるカップルが多く、ホテルの売り上げも落ちる一方。そこでホテルの支配人たちが「ジューンブライド」というヨーロッパの言い伝えに目を付け、「6月の花嫁は幸せになれる」と宣伝して、日本中に広まっていったようです。

                                       芝崎
[PR]
by kishida-golgi | 2013-06-01 19:59 | Comments(0)