岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コーレス骨折②

 80代の男性ですが、犬の散歩中に手を突いて転倒し、負傷しました。ケガの直後、来院されたために比較的容易に整復することができました。骨折線が縦、斜めに入ってはいますが、このような骨折の方が、骨の回復は早期になることが多いです。
 ただし高齢のため、手首の関節可動域の回復には少し期間が必要になると思われます。
a0099285_18185519.jpg
a0099285_1819109.jpg

                                       岸田 昌章
[PR]
by kishida-golgi | 2012-03-28 18:19 | Comments(0)

下駄ばきで筋肉の強化

 ちょっと疲れると、すぐ腰がだるくなったり、背中が痛んだり・・・。こんな慢性的な症状には、普段から足腰を鍛えておくことが大切です。
 腹筋運動、背筋運動などをするのはもちろん、昔ながらの下駄ばきが、筋肉を鍛えるのに有効です。夏の浴衣用に買った下駄がある人は「ちょっとお使いに」というときには、どんどん利用したいものです。
 下駄をはくと、背中をピンと伸ばして美しい姿勢を保ちやすい。歩くときは、足の指でギュッと鼻緒をつかむ必要があり、腰のまわりの筋肉が働くことになります。また、歩を進めるのに強く蹴り出さないといけないので、足腰の筋肉がよくつかわれます。

                  下垣 千恵美
[PR]
by kishida-golgi | 2012-03-22 09:36 | Comments(0)

コーレス骨折

 70代の高齢の方が、家の中の部屋と廊下の段差でつまずき、手を突いた時に手首の骨折をました。
 実はこの方、約1ヶ月前に足の甲の骨折もしており、ようやく歩行リハビリを開始したばかりでした。少し長引くでしょうが、回復目指してお手伝いをしたいと思います。

                                         岸田 昌章
a0099285_1515150.jpg
a0099285_1521016.jpg

[PR]
by kishida-golgi | 2012-03-19 15:02 | Comments(0)

体調を崩したときの発熱

ウイルスによって体調を崩してしまうと、整理的な体の反応で熱が出ます。これは体温をあげることにより、免疫力を高め、熱に弱いウイルスを退治しようと働くからです。
一方、上昇した体温を元に戻すのに汗をかきます。これは、汗の蒸発によって体にたまった熱を放散し、上手に体温を調節するためです。しかし、体内の水分が枯渇していると、この機能がうまく働きません。熱があるうちは、食欲が低下し、水分不足になりやすくなり、汗をかいて脱水がすすむので、いつもより多めの水分を補給することが、早期回復につながります。


                                 岸田 健吾
[PR]
by kishida-golgi | 2012-03-12 16:43 | Comments(0)
 若返り体操教室、昨年4月に引継いでから、1年が経ちました。月1回ペースですが、地域の方々とも交流できる良い機会になっています。

 参加者それぞれからだは違います。この教室では私の指導に合わせてそれぞれがからだを動かすことだけではなく、パートナーや参加者同士の関わりの中での気づきや変化を大切にしています。時にはお互いのエクササイズの指導や補助に入ってうまくできるよう手助けをしてもらいます。共に気づき、変化を実感し合うことで歓びが生まれます。 4月から新年度、よりうまく体が使えるように、そしてより活動的な生活を送っていただけるように指導させていただきます。毎回あっという間の1時間ですが、皆さん楽しみましょう!
                                              渡部 政明
[PR]
by kishida-golgi | 2012-03-12 14:12 | Comments(0)

視野を広くする脳トレ

①視界のはしっこを見る
やり方:両手にテニスボールなどを持って手をまっすぐにのばす。身体と目線を正面の一点に固定しながら、手を広げていく。見えにくくなったあたりで、ボールをトスアップしその動きを感じ取る。徐々に手の角度を広げていく。

②着眼を鍛える
やり方:首を素早く動かして、止める!その時正面にあるものを、なるべく早く正確に見る。

③鳥の視点を目指す
やり方:写真などを用意して「後ろから見るとどうなっているか」「やや上から見るとどうか」などを想像する。できれば、想像と実際があっているか確かめられると良い。

                        杉本
[PR]
by kishida-golgi | 2012-03-11 18:42 | Comments(0)
 3月5日から2日間、五條東中学校から2年生2名がゴルジへ職場体験に来ました。本来は1月末の予定で、1週間前に事前指導も済ませていましたが、インフルエンザの流行によりこの時期に延期になりました。事前指導から間が空きましたが、2人ともにきちんと準備をして来てくれました。

 『患者さんに対する声かけ』 このタイミングや緊張感は普段の学校生活ではあまり感じないことだと思っています。実際に現場を体験して、今回の2人もこの難しさを口にしていました。初めて会う方とコミュニケーションを取ること、特に痛んでいる患者さんへの心配り、これが2人のこれからの将来様々な人との関わりの中で活かすことができたら‥‥と考え、積極的に実際の現場で活動してもらいました。2人も緊張しながらも自分に出来ることをしっかりこなしてくれました。

 また、現場以外にも、裏方の事務作業も体験してもらったり、柔道整復師やトレーナーの仕事、からだの骨や筋肉、アイシングや水分補給について勉強したり、施術やトレーニングの体験をしたりと盛りだくさんの2日間だったと思います。この職場体験を通して、『人』と関わる仕事の歓びを感じてもらえていたら嬉しく思います。今後これからの2人のさらなる活躍を応援しています!
                                              渡部 政明
[PR]
by kishida-golgi | 2012-03-08 14:13 | Comments(0)