岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

a0099285_19383439.jpg

 4月26日、須恵公民館にて「足裏バランスチェックと足裏美人体操セミナー」を開催いたしました!夜の7時30分から集ってくださったのは、健康に関心の高い30代から80代!までの7名の方々です。フットビューという測定器とパソコンを使用して、重心バランスや、足の形、足指の機能などを画像や数値で調べさせていただきました。足裏には様々なタイプがあり、土踏まずかきちんとできている理想型、足裏が真ん中でとぎれてしまっている「こ」の字型、土踏まずのつぶれてしまったべったり型、また足指がまったく反映されない指無し型など、、。また重心バランスからその方の姿勢グセ・硬い筋肉などが読み取れます。
 皆さんの足裏の形をタイプ別に分類し、それぞれ足裏美人になるための改善体操をしていただきました。そして最後にもう一度測定。少しでも良くなっているかどうか、皆さんドキドキ顔です^^結果は・・・「こ」の字型や指無し型が、見事に改善されており、拍手が沸き起こりました!!

 足裏美人体操の一部をご紹介します。
☆足指と手指で握手!握り合うこと10回。
☆足指と手指で握手したまま、足首を回します。10回ずつ。
☆ラップの芯を使って、足裏の筋膜をほぐします。足でラップ芯を踏みころころ足裏で転がします。30回ずつ。

是非皆様も、足裏美人目指して体操を続けましょう!
a0099285_19385335.jpg

↑左足の真ん中がとぎれそうになっています。「こ」の字型予備軍です。


                                      寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-29 19:41 | Comments(0)

合間ストレッチ

 院でもお勧めしているのが、合間ストレッチです。誰もが忙しい現代、なかなかまとまってストレッチの時間を取ることができないことがよくあります。もちろん毎日5分でも、体のどこかを伸ばしてあげて体のお手入れができれば申し分ないのですが、そうもいかない時は、合間ストレッチで補いましょう。
a0099285_16592585.jpg

 デスクワークや家事の合間に、机やイスを利用してのストレッチです。机やいすの背もたれに両手をつき、足は肩幅くらいに開きます。腕を伸ばしたまま、腰をゆっくり90度まで曲げ、おしりから背中まで平らにして伸ばします。胸とおなかを下げるようにするのですが、腰をそらしすぎないよう、気をつけましょう。10秒を3回ほど行います。1日2回、合間に行ってみて下さい^^効果は腰痛予防ですが、わきの下もしっかり伸ばせば肩こり予防にもなります。
 




                            寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-26 16:59 | Comments(0)

冷凍術

<そのまま冷凍>
きのこ類・みじん切り玉ねぎ・薬味→凍ったまま使う。
<下味冷凍>
きゅうり→酢・塩・砂糖の調味液ごと冷凍。
<氷漬け冷凍>
貝類→砂抜きし水洗い、容器に水を入れて冷凍。
エビ→ボイルし、容器に水を入れて冷凍。
<下ゆで冷凍>
ほうれん草・ブロッコリー→固ゆでし冷凍。(袋の空気を抜いて)
<主食も冷凍>
ご飯・パン・パスタ→1食ずつラップに包んで冷凍。(パンはアルミホイルに包むとオーブントースターでそのまま焼けます)
                                             宮  内
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-23 09:12 | Comments(0)

五月病になる前に

 春は変化の多い季節です。新しい環境で、自分が気づかないうちにストレスを受けていることがよくあります。そのストレスがちょうど表面化してくるのが5月ごろ。なんだかやる気が出ない、体が重い、ゆううつだ・・・となる前に、ツボで副交感神経を刺激し、心身ともに少しでもストレスを解消しておきましょう。
a0099285_18191847.jpg
 ◎足三里(あしさんり)
 万能ツボと言われるツボで、場所はひざの下、指4本分の向こうずねのすぐ外側。
 疲労回復に効果的なツボで、消化と排泄もコントロールしているので、体がすっきりします。食欲がないときにもここを刺激してみましょう。親指で強めにゆっくりと、息を吐きながら押すのがコツです。5秒を5回。








a0099285_18193045.jpg
 ◎三陰交(さんいんこう)
 特に女性に有効なツボで、場所は内くるぶしの頂点から指4本分上。
 冷えやむくみに効果的。同じく親指で強めにゆっくりと、息を吐きながら押すのがコツです。5秒を5回。







                                    寺峰 千子
 
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-22 18:21 | Comments(0)

トレーニング時の呼吸法

 自体重やウエイトを使ったトレーニングは、正しい呼吸法で行うことが大切です。ふつう、人間は重い物を持ち上げようとすると、ついつい息を止めてしまいます。息をとめた方が大きな力が発揮できるのですが、息を止めると血圧の上昇などのリスクが高まります。

 トレーニングでの呼吸法の基本は、まず息を吸ってから筋肉を収縮させて力を発揮し、動作の一番きつい部分(スティッキング・ポイント)を過ぎたら息を吐くこと。つまり、1回の反復動作の中で、吸って吐くという動作を行うのです。
 例えば腕立て伏せ ①息を吸ってからヒジを曲げて体を下ろす。②ヒジが曲がり一番きつい動作になる。(スティッキング・ポイント)③息を吐きながらヒジを伸ばし、体を上げていく。
 正しい呼吸法は、うまく力を発揮するためのテクニックであり、正しいフォームを維持するのを助けます。呼吸法と合わせて、トレーニングをより効果的にしましょう。


                        寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-19 16:06 | Comments(0)

便秘と脳の働き

 便秘をしていると、腸内に「悪玉菌」が増加し、アンモニアなどの有毒ガスを発生させます。有毒ガスは通常肝臓で解毒されますが、肝機能が鈍っている場合などは、そのまま脳内に運ばれてしまいます。すると、情緒不安などが起こることも。
 便通を整えることが、脳の働きを守ることにつながります。偏りのない食事、適度な運動を心がけたいですね!   杉本
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-16 20:40 | Comments(0)

股間節をゆるめる

 毎週金曜日の100円体操教室。本日のプログラムは、股関節を中心にゆるめるメニューでした。今回は、気候が良くなり体が動かしやすくなったことで、新しく体操を始められた方がいらっしゃいました。、股関節をゆるめるには、写真のようにおしりの筋肉を伸ばしたり、太ももをねじったりしていきます。
a0099285_15331089.jpg

a0099285_15332398.jpg

 そろそろトレーニングルームも窓を開けての体操が可能なほど暖かくなってきました。体も動きたくて、うずうずしてきた方も少なくないと思います。ただしこの季節、突然運動を開始して逆に体を痛めてしまった方が来院されることがよくあります。久しぶりの運動の前にはしっかりウォーミング・アップ、そして運動後には念入りなストレッチをを行うことが、ケガ予防の得策です^^


                                寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-15 15:34 | Comments(0)

足首のねんざ

 整骨院には、足首のねんざで受診される方が多く来られます。よく発生するのが足首を内側にひねってしまう「内反捻挫」。このねんざは、足首外側のくるぶしに付着するじん帯を痛めることが多く、捻挫して外くるぶし周りが腫れていたら、このじん帯を痛めている可能性が高いです。

 ↓内反捻挫の超音波画像。くっきりと白い部分は骨、赤い線が骨と骨をつないでいるじん帯の箇所です。じん帯の周りに黒く移っているものは、じん帯損傷による腫れです。
 
a0099285_10402793.jpg

 ↓足首の骨模型です。かかと側から見たところです。同じく赤い線がじん帯の付着する箇所です。
a0099285_10404464.jpg


 このような捻挫の対処はまずアイシング、受傷後すぐに氷で冷やして頂けると、その後の回復が断然早くなります。


                      寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-12 10:46 | Comments(0)


 この世の中でうまく生きていくためには、今という時代を読み、相手をよく見て行動することが大切だ。
 たとえば、政治的に安定した時代であれば、自らの志や信念を貫いた生き方をすればよいし、風紀や秩序が乱れた時代であれば、四角四面に行動するのではなく柔軟に生きたほうがよい。そして、風紀も秩序もほとんど失われた時代であれば、志や信念を貫きつつも柔軟性を忘れず、臨機応変な対応を心がけたほうがよい。
 また、対人関係においても、善人には寛容な態度で接し、悪人には厳格な態度で臨むのがよい。しかし、普通の人に対しては、寛容と厳格さの両面を使い分けてつき合うことが大切である。

                                  ~~~菜根譚より~~~

1人1人違う中、その人が欲っしているものが提供できるように、時代と相手をよく見て行動したいです。

                                      岸田 健吾
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-11 17:47 | Comments(0)
新年度になり、健康スポーツ学習セミナーも一新、開催日程が変更となりました。
毎月第四火曜日 夜7時30分から8時30分までです。

 今回は専門機器を使っての足裏重心測定を行います。日頃の何気ない体の不調の原因が足の重心バランスに現れることもあります。一度ご自身のバランスチェックをしてみませんか?


テーマ:「足裏重心測定と足裏体操」
日時: 平成23年4月26日(火)
     19:30~20:30
場所: 須恵公民館 (1F 会議室A)
費用: 無料(要予約)
定員: 15名
講師: 寺峰 千子
      

☆お申し込み・お問い合わせ:ボディーステーション ゴルジ 
 TEL/FAX 0747-25-1321


                                   寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2011-04-08 21:41 | Comments(0)