岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2010年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お休みのお知らせ

 本年も、残すところあとわずかとなりました。地域の皆様、本年も岸田整骨院・ボディーステーション ゴルジを大変可愛がって頂き、誠にありがとうございました。
 また新年も、皆様のご健康の維持・向上に全力を尽くして参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 ☆お休みのお知らせ☆

12月29日(水)午後より1月4日(火)までお休みとさせていただきます。
新年は1月5日(水)より始めますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


                           寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-29 17:55 | Comments(0)

冬場の運動のポイント

 一年を通して考えてみると、季節によって向いているスポーツと、そうでないものがあります。とくに気温の変化などで、戸外で行うものに特にそう言えます。

 冬はやはり汗をかく量が少なく、ランニングやジョギングにはもってこい。逆に冬に向かないのは自転車。寒風にさらされるので、少し冬は厳しいです。特に体幹の前面・ヒザが冷えやすく、もし長距離自転車に乗る場合はヒザの保温に気をつけましょう。

a0099285_1001422.jpg 市民ランナーの方は、まさに今がシーズンどき。マラソン大会のトレーナー活動での経験から、走り始める前のウォーミングアップを行う方が割と少ないように感じます。
いきなり走り始めるのではなく、先に足や肩などを痛みの出ない範囲でストレッチし、軽く関節運動を行ってから走ると、体もスムーズに動きだせます。



 冬場に屋外で体を動かす場合には、運動前のウォーミングアップを念入りに行いましょう。夏場の2倍念入りに、と考えればよいでしょう。目安は、ストレッチやジョギング・体の各関節を動かす準備運動を15分間、これから行う主運動を軽めに5~10分間、計25~30分間行えば十分でしょう。

 小・中学生や健康な若い方でも冬場の準備運動不足で、肉離れを起こし受診されるというケースが少なくありません。ケガ予防のためにも、冬場にスポーツを楽しむためにもしっかりと行っていきたいものです。



                           寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-28 10:00 | Comments(0)
 12月25日(土)クリスマス。朝から雪もちらつき、寒い日となりまた。
 本日は午後の業務が終了した後、3時から4時まで、今年最後の公民館セミナーを行いました。
お題は「腰痛~原因と予防」です。まず初めに、体の仕組みを模型で簡単に説明させて頂きました。何度もこのセミナーに参加して頂いてる方々ですので、「あ~覚えてる覚えてる!頸椎・胸椎・腰椎でしょう?」「さすが〇〇さん!」話も早く進みます。(笑)
 その後はどのような腰痛があるのか、なぜ起こるのか。正しい姿勢、良くない姿勢、左右の筋力の差によって起こるなど・・・またその改善方法なども、お話しさせていただきました。来て頂いた方の体験談もお聞きさせて頂き、話も盛り上がり、あっという間の1時間でした。来て下さった方、ありがとうございました。  来年もよろしくお願い致します!
                               浮世麻耶
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-27 10:20 | Comments(0)

脳トレは筋トレ

さて、寒さも本番、家でじっとしてしまいつい運動不足になりがちではないでしょうか。家で、座りながらできる運動をひとつご紹介します。

 《肩ジャンケン》
①イスに足を閉じて深く座り、背もたれがあればよりかかる。
a0099285_1713253.jpga0099285_171488.jpg 
②←右腕は肩の高さで横に開き、手はパーをする。
 左腕は肩の高さで肘を曲げ、肩に手をつけグーをする。
 足は閉じる。
③→②の手を左右を入れ替え、足は開く。




a0099285_1712403.jpg
a0099285_17133984.jpg


④←右手を前に押し出すようにパー、左手は胸の前でグー。
 足は閉じる。
⑤→④の手を左右を入れ替え、足は開く。




10回ずつ繰り返したら、左右の手を入れ替えて行う。
慣れてきたらスピードアップ!難しければ腕だけからチャレンジ!してみましょう。
頭を使いながらの運動なので、脳も体も鍛えられて一石二鳥。みんなでやれば楽しくできて一石三鳥^0^/

寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-24 17:22 | Comments(2)

イスの座り方

 腰痛が起こるきっかけとして、長時間座っていたことが原因のひとつとなることが多いです。実際に、長距離バスに乗った後やタクシーの運転手さんで腰痛を訴える方は少なくありません。また、最近は受験勉強で朝から晩までイスに座り続けている小中学生も腰痛を起こすケースがあります。
 そこで腰に負担の少ないイスの座り方をクイズ形式で(!)紹介します。

◎イスに座るとき腰に負担の少ない方法は?○か×かで考えて見ましょう!

 ①背筋を伸ばさず、背中を丸め楽な姿勢を取る。
 ②イスに深く腰掛け、背中を背もたれにぴたりと沿わせる。
 ③ソファに浅く腰掛け、背もたれに上体を預ける。
 ④おなかは軽く引き締める。
 
答えは・・・
 ↓
 ①③これらの座り方は、猫背姿勢やあぐらと同様、腰椎が後彎しやすくなり最も腰に負担がかかりやすい状態です。

 ②④この座り方で、腰椎の自然な前彎が保たれ、腰のストレスが少なくなります。


 年末年始、長時間テレビを見る機会も多いと思いますが、一度座る姿勢を気をつけてみてください。座り続ける時は、30分間に1回くらいは背伸びしたり、テレビCMの間に少し歩いたり、少しの工夫で負担はグンと軽減します!

                     
                             寺峰 千子

 
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-20 16:24 | Comments(3)

冬至

この日、北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなります。そのため昼が一年中で一番短く、夜が長くなります。この日を境に、一陽来復、日脚は徐々にのびていきます。

この日は冬至かぼちゃを食べて金運を祈り、冬至風呂(柚子湯)に入って無病息災を祈る行事を各家庭で行います。

ゆず湯
ゆず湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、冷え性やリュウマチにも効くし、体が温まってカゼをひかないとも言われています。

 これらの効能は、ゆずに含まれている芳香成分――精油の働きによるもの。ゆずの精油にはピネン、シトラール、リモネンなどの物質があって、これらは新陳代謝を活発にして血管を拡張させて血行を促進。ノミリンなどには鎮痛・殺菌作用があるので、体が温まり、カゼも治るのです
かぼちゃ

 現在は野菜が季節に関係なく供給されていますが、西洋野菜が日本に入るまでこの時期に取れる野菜は少なく、保存できる野菜も少なかったのです。かぼちゃは保存がきき、保存中の栄養素の損失が他の野菜に比べて少ない。そのため、冬至の時期の貴重な栄養源でもありました。

私の家でも柚風呂・かぼちゃは毎年かかさずやっております。(^_^)v


                           前谷
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-20 08:28 | Comments(0)
 昨日から本格的な寒さがやってきました。寒さでつい筋肉を収縮させ、肩をすくめる動作をついしてしまいますね。そのせいか冬はやはり肩がこる方が多いようです。そんな時、お勧めの簡単エクササイズをご紹介します。
a0099285_1544449.jpg

 イスに座り、後ろで手を組みます。そのままゆっくり首を右へ倒し、そのまま15秒。左へも倒し、15秒。これを3セットします。慣れてきたら、後ろで組んだ手を体幹から離したり、首を横へ倒したまま少しアゴを上げて上を見るようにするとまた違う筋肉に刺激が入り、効果大です。
 かかる時間は3セットで1分半。こたつに入りながらでも、デスクワークの合間に、また立ちながらでもできますので、ぜひ1日に数回行ってみてください!

          
                                寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-17 15:44 | Comments(0)

包帯

 患部の固定や被覆を目的に整骨院や整形外科などに使われている包帯。
当院でも頻繁に使用します。骨折時の固定や、膝に水腫が見られる時、捻挫などの外傷にも巻かれます。時には枕子や固定具をつけた状態で巻くこともあります。

 包帯の種類や巻き方はたくさんあり、患部を見て瞬時に判断し、固定します。固定が弱すぎたり、強すぎたりすると、逆に腫脹が出てきてしまったり、悪化させてしまうこともありますので、慎重に処置を行います。患者様の声も聞きながら、症状が落ち着くまでは毎日取り替えます。
 リハビリに来られる方も含め一日も早い回復願って一日一日しっかりと向かい合っていきたいと思います。
a0099285_18421413.jpg


                                浮世麻耶
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-15 18:07 | Comments(0)
a0099285_17542564.jpg 第3中足骨を疲労骨折した陸上部の高校生ですが、これが最後の報告となります!10月22日に松葉杖をはずし、11月には痛みはほぼ消失、足の筋力と機能改善のためのリハビリ・トレーニングを行っていましたが、11月末には下腿部の筋肉の太さもほぼ回復し、今では専門種目であったハードルの練習にも安心して取り組めています。先日は校内マラソン大会にも問題なく出場しました。
 今後ストレッチやトレーニングを部活動の中でも取り入れ、ケガ予防のためにしっかり行ってくれることを期待しています。

 
                               寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-15 17:39 | Comments(0)
 先週土曜日の若返り体操教室で、右肩が上がりにくくなっていたある女性の方が「ここに来る度に、体が喜んでいるのがわかります。」「肩もずいぶん上がるようになりました。」とおっしゃって下さいました。例え月に1回の体操でも、体を動かす機会は年にすると12回、10年経つと120回!月に0回だと10年経っても0回のままです。それに毎月自分の体とじっくり向き合うことで、日常生活でも体のケアを少しずつ行っていく意識付けにもなっているようです。

さて、こちらも月に1回のセミナーのお知らせです。
今月の健康スポーツ学習クラブは・・・
最近当ブログでも、腰痛予防に関する内容をのせていますが、皆さん、腰痛予防対策を何かしら行っていますか!?まだの方は、ぜひ奮ってご参加下さい。腰痛になりやすい姿勢や、腰に負担のかかる動作などの紹介と、予防の為のケア・トレーニングをご紹介します。

テーマ:腰痛予防のためのケアとトレーニング
日時: 平成22年12月25日(土)
     15:00~14:00
場所: 須恵公民館 (1F 会議室A)
費用: 無料(要予約)
定員: 15名
講師: 浮世 麻耶
      (ボディーステーション ゴルジ トレーナー)

☆お申し込み・お問い合わせ:ボディーステーション ゴルジ 
 TEL/FAX 0747-25-1321


                             寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-12-13 17:11 | Comments(0)