岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

6原則

これを守れば、食べてもヤセ体質に!!(^_^)v
原則1 夜がっつり食べたら、朝・昼は控える。(例;朝・・常温の水と1種類のフルーツ、昼・・和定食)
原則2 1日2回は、赤身の肉・旬の魚・卵を食べる(羊肉→牛肉→豚肉の順にやせる成分が入っている)
原則3 温かい汁物をできるだけ毎食とる(インスタントでも)
原則4 パンやパスタよりもお米を食べる(日本の女の子には最適)
原則5 生ものや発酵食品を食べる(ヤセ体質になれる酵素が含まれている)
原則6 できるだけ豆製品を食べる(ただし、豆腐だけにしたらダメ
とりあえず、3ヶ月がんばってみて下さい。(*^_^*)         宮  内
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-28 15:38 | Comments(0)

良い姿勢を保つ

 よく「年には勝てんわ~」と耳にします。確かに、一般的には体力のピークは20代。年を重ねることで、少しずつ筋力や柔軟性が低下し、あちこち痛み出す・・ということも、多少は避けられません。とは言っても、できるだけ痛みが出ないよう、正しい姿勢を保ち体の負担を軽減しましょう。
 姿勢がよければ内臓もきちんと働いてくれ、体の調子もよくなります。立っている時の姿勢をよくするには、ポイントがあります。まず両脚のかかとをつけて、重心は足の裏全体に等しくなるようにかける。おなかは引っ込めて、頭のてっぺんから操り人形のように吊り下げられたような気持ちで背筋を伸ばす。このとき、両肩にもし力が入っていたら、一旦ストンと力を抜きましょう。

 そして普段からしっかり筋肉を縮めたり、伸ばしたりすることも大切です。毎月一回のこの教室、少しずつメンバーが増え始めています^^ぜひあなたも一緒に健康仲間になりませんか?

★若返り体操のお知らせ★
 日時:6月12日(土) 午後6時30分から7時30分
 場所:須恵公民館 2階研修室にて


                              寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-28 12:08 | Comments(0)
◎腹式呼吸は女性に良いと聞きましたが?
腹式呼吸の効果は、血液の循環が良くなることです。血液循環が良くなると、体温が適度に上がり、冷え性の改善につながります。また、腸の動きが活性化するので、便秘の解消にも良いです。


◎効果的なウォーキング中の呼吸法は?
 有酸素運動の代表、ウォーキング。体内により多くの酸素を取り入れてウォーキング効果を高めるためにも、歩いている時の呼吸は大切です。基本は2回吐いて、2回吸う。音にすると、「スッスッ、ハッハッ」です。吐くことを意識すると、リズム良く呼吸しやすくなります。歩く時は真っ直ぐ前を向き、視線は少し遠くに。肩の力を抜いて腕をリズミカルに振ります。歩幅は普段歩く時より大きくしましょう。


                              寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-24 16:03 | Comments(0)

『熱中症 対策講座』

 毎月第4土曜日に開催している、ゴルジトレーナー陣による「健康・スポーツ学習クラブ」 地域の公民館の活動の一環で、教室をお借りして無料で地域の方に健康やスポーツに関する正しい情報を提供させていただいております。

 今月は、『熱中症 対策講座』と題して、熱中症に関してのをお話をしました。参加者の方に聞くと、熱中症という言葉はよく耳にするとのこと。
   「知って防ごう熱中症!」 
 日本体育協会の熱中症8か条にもあるように、知っていて、無理をしすぎなければ熱中症は防ぐことができることをお話しした上で、参加者の皆さんと問答しながら講義を進めていきました。さらに、講義途中の休憩には、理想的な水分(下の写真をご参照下さい)を飲んでいただきました!トップレベルの市民ランナーの方も講座を聞きに来て下さり、試合前の食事や当日の水分について熱心に質問して下さいました。あっという間の1時間、様々な立場の方が一緒に学べるのがこのクラブのいいところです☆参加者の皆様、ご清聴ありがとうございました!

a0099285_23143373.jpg

 来月は6月19日(土)、日常生活の中から起こる『ゆがみ』についての講座を行う予定です。たくさんの皆様のご参加を心よりお待ち致しております!
                                              渡部 政明
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-24 11:08 | Comments(0)

害虫

 5月になってから、家の中にムカデが出てきます(・д・。)
 ほんとに毎年困ってしまう。その他の虫と違って、噛まれるのが怖いですからね~、見た目も!

 毎週行っている公民館の体操教室に来てくれている方は、粉末の害虫駆除剤を家の周りを囲むように散布するそうですが、すでにムカデが出現している家にも効果あるんでしょうか?
 早速やってみようと思って、昨日買ってきたのにこの大雨!チラッと見た車にナメクジ・・・駆除剤は天気の良い日に実行します(oゝ艸・)♪

 《オマケ》ウチで飼っている犬は蜂やヘビなど色々な生き物に噛まれましたが、14年間ピンピンしています☆動物病院の先生がいうには、犬より人間のほうが毒ヘビなんかには弱いそうですょ。  杉本
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-23 19:07 | Comments(0)

上腕骨骨折症例その後2

 4月にご紹介した上腕骨骨折の患者さんですが、その後さらに順調に回復しております。只今運動療法の真っ最中で、回復程度は約8割。肩関節の動きの改善のため、対角らせんの動きを使っています。上腕を前や横からそのまま真上に上げていく動きよりも、より多くの筋肉、とくにインナーマッスルを使えること、より多くの神経に動員がかかり関節が連動すること、実際の動きから見ると、そのスムーズさは一目瞭然です。動きのトレーニングに加えて、脇の下の筋肉をゆるめておきます。まだ上肢が完全に挙上できないので、腋の下のリンパの流れが滞ったり、筋肉が硬くなることでさらに挙上できにくくなるという悪循環を生まないようにするためです。

 今しっかりリハビリトレーニングを行っておくことで、また来シーズンはスノーボードを楽しめることでしょう。



                                 寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-22 11:26 | Comments(0)

手首の骨折

 4月末に紀和ティンカーベルズのブログに登場した「骨折」のレントゲン写真です。ソフトボールを投げて発生した舟状骨という手根部の骨の亀裂骨折です。この骨は手根骨としては最も形態が大きく可動性も大きい骨です。ですので、圧迫力や剪断力などの外力の影響を受けやすく、手根骨中最も骨折の発生頻度が高いです。この骨折が起こると、握手が痛みのためできなくなります。
a0099285_17131967.jpg
 患者さんは10代、回復早く現在は固定具もはずし、運動療法を行っています。


                   寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-18 17:13 | Comments(0)

熱中症対策

健康・スポーツ学習クラブ
・・・熱中症対策セミナーのお知らせ・・・ 

 今期第2回目です。毎回健康に関する内容を、様々なテーマでお送りしている健康・スポーツ学習クラブです。今回のテーマは「熱中症対策」です。毎年必ず熱中症で亡くなられる方の悲しいニュースを耳にします。そして、最も熱中症が発生しやすい季節はこの5月です!急な気候の変化に体がついていかず、熱が体内にこもったり脱水症状を起こしたり・・。知っていれば予防ができる基礎知識をお伝えします。この機会にぜひご参加下さい!


日時: 平成22年5月22日(土)
     15:00~14:00
場所: 須恵公民館 (1F 会議室A)
費用: 無料(要予約)
定員: 15名
講師: 渡部 政明
      (ボディーステーション ゴルジ チーフトレーナー)
      (NSCA認定 スペシャリスト・パーソナルトレーナー)
お申し込み・お問い合わせ:ボディーステーション ゴルジ 
 TEL/FAX 0747-25-1321


                             寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-12 17:35 | Comments(0)
 Q、自分は口呼吸か鼻呼吸かわからないのですが、、
 A、口呼吸か鼻呼吸のどちらで呼吸しているのかは、日頃あんまり自覚していないものです。朝起きた時、ノドが痛い、口の中が乾いているなどの人は、夜間はもちろん日中も口呼吸をしている可能性が大です。また、口呼吸の人は普段、無意識のうちに口を開いた状態になっていることが多いようです。ときどき鏡を見たり、周囲の人に注意してもらったりして、チェックしてもらうと良いでしょう。

 Q、呼吸機能を向上させるおすすめの運動は?
 A、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどが代表ですが、お勧めは水中ウォーキングです。最近は温水プールが普及しているので、冬でもぜひ水中で運動を行いましょう。水の中では胸に水圧がかかるため、自然に横隔膜を使って行う腹式呼吸になります。つまり水中にいるだけで腹式呼吸を続けることになり、呼吸筋が鍛えられます。
 また、浮力で体が軽くなるので、腰やひざが痛い人、肥満の人も楽に長く運動できます。さらに水圧のために血行が良くなって、血液を送り出す心臓の働きが助けられます。そのため心拍数がそれほど多くならなくても運動効果が上がり、陸上よりも効率よく心肺機能を向上させることができます。


                                  寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-10 16:33 | Comments(0)

住人がふえました。


1週間前から何故かバルコニーに糞がたくさん落ちているのでまたハトかなぁーと思っていたら何と蝙蝠でした。
家に住み着いたらどうなるのかなぁーと思い考えてると娘がすぐインターネットで調べました。その結果は

蝙蝠の蝠は幸福の福につながる、ということでコウモリは昔から「福を呼ぶ生き物」として親しまれ、家に住む ことが歓迎されてきたようです。 良かった(*^_^*)その後息子も・娘も毎朝確認いてるいてると喜んでいます。ちなみに名前はこうちゃんです
  
前谷
[PR]
by kishida-golgi | 2010-05-10 09:39 | Comments(0)