岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 腰痛予防シリーズで痛みの予防に関しての注意点をご紹介してきましたが、今回は急に痛みが出てしまったときの対処法をご紹介しますj。

◎固い布団やベンチの上で横になり、腰を曲げてエビのような姿勢をとりましょう。

◎外出先で横になれる場所がなければまず壁に寄りかかり、うずくまります。

◎少し休憩をして痛みが和らぎ、その場から移動するときは壁などによりかかりながらカニのように横歩きをします。

 家の冷蔵庫の氷をビニール袋に入れ、痛みのある箇所を15~20分間冷やします。
 出先の場合はコンビニやスーパーで氷を購入して冷やします。動けないくらいの痛みなら強い炎症反応があると考えられますので、逆に温めると痛みを悪化させてしまうこともあります。まずは氷でのアイシングを行いましょう。


                           寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-27 12:01 | Comments(0)

「腰痛」セミナー終了

 4月25日(土)、ゴルジ近くの公民館で、以前このブログで告知しました「腰痛」セミナーを開催しました。
今年度から公民館活動としてスタート! 毎月1回、1年を通して腰痛や膝痛、メタボ、スポーツのケガやリハビリに関するセミナーを行っていきます。 地域のたくさんのみなさんに参加して頂ければと思います。
また、このブログでも内容をお知らせしていきますので、ぜひお気軽にご参加ください。
                                 高橋 佳史
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-27 11:38 | Comments(0)

月火水木金土日

(月)長年飼っていた”猫”が死にました。(: ;)朝、「おはよう」って言ってくれる子がいなくなりました。                                 (火)息子の野球部の保護者総会がありました。明日、鴻池グラウンドで県大会があります。
(水)実家から電話がありました。かなり、ひさしぶりだったので、2時間くらいしゃべりました。(**)
(木)子供の誕生日でした。二人!!でも、双子じゃないです。兄弟です。
(金)昨日、長女が琵琶湖へ研修旅行に行って、今日帰ってきます。
(土)末息子の野球のれんしゅう。でもーー雨みたい。
(日)親戚のお見舞いに。奈良県立医大へ。
私の一週間を書いてみました。何の興味も無いとは思いますがーー;;
                       宮  内
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-24 15:17 | Comments(0)

体力アップ教室

a0099285_1173891.jpg

 毎週金曜日の体力アップ教室。ほとんど欠席することなくご参加くださっているある女性の方。40代からテニスを始めて3年目、ゴルジでの身体のケアで効果を感じていただき、今ではテニス歴何十年の先輩方にストレッチや準備運動などの大切さを啓蒙してくださっています。競技歴は長くても、ストレッチ法やその効果を知らないという方も少なくないのです。

 こうして地域でもコンディショニングの大切さの理解が広がり、健康的にケガ無く長い競技生活を楽しめる方が1人でも増えれば・・と願います。

 自分の身体ですもの!使いっぱなしではなく、油をこまめにさして丁寧に使って、長持ちさせたいものですね。

                                   寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-24 11:07 | Comments(0)
 4月22日(水)、地域の体育館に子供たちが集まりました。教室前に「毎日うちで練習したよ!」と教えてくれた男の子、走ってもらうとうまく走れるようになっていました!
 今回の教室では、スタートや切り返しのコツを伝えて、感覚にうったえる指導をしました。スタートはギュッとね!と伝えると子どもたちは音の感覚で真似をしてくれました。なかなかよかったです!
                                    渡部 政明
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-23 10:41 | Comments(0)

予測からからだをまもる

 常に陸上競技のように広々とした芝生のフィールドで走り回ることが出来れば躊躇することもなくケガをすることなくのびのびと遊ぶことができます。しかし、この遊ぶ場所を変えたらどうでしょうか。小さな公園では別々に大きな石が転がり、全体砂地になっていて大型の遊具も別々においてあります。あるいは都心の学校で見られるコンクリート状でかなりハードな運動場ではどうでしょうか。広々とした芝生のフィールドとはだいぶ違う条件が存在します。こうした遊び場の環境をいち早く把握して、危険を予測できれば自分のからだを守る大きな力になります。
時々、小さな体育館で子ども達が楽しそうに遊んでいる中で、サッカーボールを思いっきり蹴っている子どもを見かけます。この環境ではボールが誰かに強く当たることは予測しなければなりません。他にも自然のものでは季節や天候、人間に対しては体格や体力、社会環境では交通や建物など自分のからだを守るためには予測をしなければならないことはやまほどあります。

 からだを守るためには、まず子どもに基本的な体力を持つことが大切であります。太りすぎて思うようにからだが動かないのも困るし、細すぎて立っていることすら大変であったり、転んだ時に簡単に頭を打ってしまうようであればからだを守るための筋力が弱すぎると思ったほうがよいでしょう。かなりの目分量になりますが体力をつけるための運動レベルは、一日に一度は汗をかくような外遊びをしていればよいと思われます。そうすればおそらく体力は養われるし、動作を成熟してくれるはずです。自分のからだを守るには、これ以外に危険に予測する力を積極的に身に付けていくことが必要です。
~からだ遊びから~                   浮世麻耶
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-22 16:27 | Comments(0)
腰痛~その予防法と対処法
日常生活やスポーツの現場で、切っても切れないのが、「腰痛」。 起きてしまった時の対処法と予防法を詳しくお伝えします!

☆日時: 平成21年4月25日(土)
     19:00~20:00
☆場所: 須恵公民館 (1F 会議室)
☆費用: 無料(要予約)
☆定員: 15名
☆講師: 高橋 佳史
    (ボディーステーション ゴルジ チーフトレーナー)
    (NSCA認定 スペシャリスト)
お申し込み・お問い合わせ:ボディーステーション ゴルジ 
 TEL/FAX 0747-25-1321


                   寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-22 10:29 | Comments(0)

腰痛予防☆朝・起床時

 腰痛の発生で多いのが、朝の起床時。院でも布団から起き上がるとき、また顔を洗おうとかがんだときに急に痛くなったとよく聞きます。

 これは、夜間就寝時に動かされていなかった筋肉を急に動かしたために発生します。
 普段から腰に違和感などがある方は、特に以下の点にお気をつけ下さい。

☆起床時にいきなりむくっと起き上がらない。布団の中で、背伸びをしたり、ヒザを立てて左右にヒザをゆっくり倒す「ヒザ倒し」を数回行ってから起きましょう。

☆洗顔時は片足を台に乗せると腰の負担が軽減します。

☆朝体操などを行う時も、固まっている筋肉をいきなり動かさず、ゆっくりしたストレッチから始めましょう。


                             寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-20 14:41 | Comments(0)

ごはん大好き!

 本当は朝・昼・晩全てご飯食にしたいのですが、朝食は食パンを食べています。理由は朝からご飯を炊くのが面倒だから…人に炊いてもらった方がおいしい気がするから…(・з・)
 それでも本当にたまに自分でご飯を炊く時があります。しっかりお米を研がないと気が済まなかったのですが、ネットで米の研ぎ方を調べると、すばやく手際よく研ぐ方がおいしく炊けるそうです。研ぐ回数は2回くらい。
 そのことを知ってから素早く、ささっと研ごうと思うのですが体に染み付いた「しっかり米を洗い癖」が抜けず、今日も研ぎ汁が透明でスッキリです。本当は炊く時の水が少し白濁しているくらいで良いみたいです。
 あと、米は多く炊く方がおいしくなるそうですよ。  杉本
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-17 16:46 | Comments(0)
 4月15日水曜日、院のお昼の空時間に、近くのJA(農協)まで体操指導に行ってきました。JA女性部の方対象に月に2回行っている体操教室です。
 今回から整骨院☆通信なるものを作成し、健康のための情報発信・整骨院の紹介などをさせて頂きました。今号は、「体力年齢をチェックしよう!」のテーマで、自身の体力目安となる項目をいくつか紹介しました。そのうちの一部をここでもご紹介しますので、当ブログをご覧の皆さん、ぜひ試しにチェックしてみてください^^
a0099285_1014785.jpg

 1、長座体前屈・・・柔軟性
   前屈時は足首が90度になるようにし、反動をつけずにつま先を持ち3秒静止。これができれば背筋・太もも裏・ふくらはぎの筋肉の柔軟性はひとまず合格ライン。

 2、閉眼片足立ち(バランス・調整力)
   目を閉じ、片足で何秒立っていられるか。
   注・軸足が移動してはいけない。上げている脚が軸足に触れてはいけない。
   1分以上可能なら20代!
   30秒以下なら50代。
   ちなみに開眼での片足立ち、20秒以下なら70代です。


                            寺峰 千子
   
[PR]
by kishida-golgi | 2009-04-17 10:17 | Comments(0)