岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2008年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

気まぐれ

 数日前に報告した20代女性のギックリ腰。本日発症から5日目。痛みは随分軽減し、立ち座りがあんなにつらそうだったのがウソのよう。ベッドから起き上がる動きもスムーズ、健常の速度に戻っている。
 実はギックリ腰が「魔女の一撃」と呼ばれているとご紹介しましたが、もう1つ別名がある。ギックリ腰は、正しい処置を行えば、2,3日を過ぎれば日常生活レベルにはほぼ回復する。始めの痛みが強いだけに、回復してくると「あの痛みはなんだったの?」と思うことから「魔女の気まぐれ」と言うのだそう。しかし気まぐれというだけあって、突然やってくるかのような「ギックリ」。そこまでに到るには当然の原因があるのだけど、なかなか気づかない。また、気づかないから負担を重ねギックリ腰を招いてしまう。そういったことの無いように、、、体のケアをしてくださっている方たちです。これはお尻の筋肉、体の支持・安定に働く中臀筋などに刺激を与えています。(体力アップ教室より)
a0099285_2348596.jpg


                             寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-31 23:50 | Comments(0)

ハロウィン

ハロウィンとは、万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事のことで、10月31日に行われます。
もともとは2000年以上昔のケルト人の宗教的行事が、キリスト教に取り入れられたようです。
「万聖節」は、日本ではお盆のようなものをイメージしてもらえば大丈夫だと思います。 過去に亡くなった人が、この日にはよみがえると考えられています。
万聖節=“All Saints' Day(Hallowmas)”のイヴの日なので“All Hallow Eve”から“Halloween”になったとも言われています。 私の家の中にもハロウィングッズ(かぼちゃ)の中を切り抜いたものに顔(*^_^*)を書いておいています。
                          前谷 恵美
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-31 10:46 | Comments(0)

よっこらしょ

 皆さん、「よっこらしょ」とついつい、口から出ていませんか?院内でもよく耳にしますが立ち上がるとき「よっこらしょ」、座る時にも「よっこいせ」。いつの頃からか、言葉で勢いをつけないと次の動作に移れない・・・なんてことになっていませんか?この現象は、反射神経が鈍くなり敏捷な動きがスムーズにできなくなってきたこと、また体の深層にある、姿勢の安定に関わる腹部や腰部のインナーマッスルが衰えてきた証拠ともいわれています。

 年齢が現れるのは顔のしわや体型ばかりではなく、動作やしぐさ、言葉にも出てきます。歩行や階段の上り下りの際には脚先やひざだけではなく、脚の付け根や骨盤・腰辺りから大きく動かすように意識すると、インナーマッスルの強化に繋がります。また電車待ちなどのときはついついどちらか片方の足に重心が偏りがち。楽な方に体を傾けずに、重心を体の真ん中、おへその下あたりに持ってくることを心がけるだけでも、効果があります!

                            寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-30 13:17 | Comments(0)

本日の体操教室

 本日お昼の時間に、体操指導に行ってまいりました。
 1ヶ月ほど前に依頼のあった農協女性部の方々が対象です。ほとんどが65歳以上の方ですが、ここも例外に漏れず教室内には元気な話し声が響いています。どうやら気持ちは実年齢より若い方ばかりのよう。農協の女性部に所属して普段は趣味のセミナーを開いたり、バス旅行に出かけられているそうです。
 ストレッチに脳トレ、それと今回は特別に、ある演歌を拝借しリズムに合わせて肩こりや肩の障害予防になる動きを取り入れた簡単なダンスを行いました。1曲3分半ほどありますので、一回踊り終えるとイスに座りながらでも体が温まります。

 今回脳トレをするのが初めてという方が多く、脳に体に、心に耳に(演歌^^)よい刺激になったかと思います。あっという間の1時間、ご参加の皆さん、ありがとうございました。

                               寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-29 15:37 | Comments(0)

ぎっくり腰注意報

 ぎっくり腰が多発する季節です。怪我や痛みも季節もの?そうなんです。季節の変わり目など朝晩の寒暖差が激しいと起こりやすいギックリ腰。

 昨日初診の20代女性。高校生の時から何か怪我があれば診させて頂いている。先週日曜日にママさんバレーボール大会に出場、スパイクを打ち着地時に腰が「ぎくっ」となりその時から歩行や立ち座りが困難に。これが「魔女の一撃」と言われるギックリ腰。腰への急激な負担が引き金となり発症する。その基礎にあるのが筋肉の緊張や背筋のアンバランス、疲労の蓄積、そしてこの時期の寒暖差。
 もう御一人。もうすぐ70代に手が届く男性。米袋を運んでギックリ腰。気をつけなければと運んでおられたらしいのですが、最後の一袋の時に気が緩んだのか、一瞬で急激な痛みが発生。
 
 でもご安心下さい。立てない、歩けない程の強い炎症症状は、無理をしなければ通常48~72時間で治まります。2,3日が痛みのピークですが、その後は日に日に回復を感じられるようになります。これからスムーズな回復を促し、再発を予防するため、リハビリトレーニングを行っていきます!

                          寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-28 11:52 | Comments(0)
 10月26日(日)朝6時40分 和歌山市マリーナシティ この日この場所に来たのは、「和歌浦ベイマラソンwith JAZZ」というマラソン大会をボランティアとしてサポートするためである。
 この大会は名前の通り、ジャズの演奏を聴きながら走れるマラソン大会として「全国ランニング大会100選」(ランナーズ誌)に毎年選ばれている。参加者も毎年右肩上がりに増え続け、今年はついに1万人を突破!1万2千人を超える参加者がジャズの音色が鳴り響く和歌浦を駆け抜ける。あいにく雨が降り続く中でのスタートとなり、沿道でのジャズ演奏は行われなかったようだが、会場内の特設ブースではランナーを応援するようにジャズが鳴り響いた。
a0099285_185944.jpg

 私達ゴルジスタッフ5人はJATAC(ジャパンアスレティックトレーナーズ協会)の柔道整復師の先生方、和歌山県鍼灸マッサージ協会の先生方といっしょに、大会トレーナー&救護スタッフとしてサポートさせていただいた。サポート内容は、主にレース前のテーピング・ストレッチやレース後のアイシング・マッサージなど。私達もひとりでも多くのランナーがケガなく気持ちよく走っていただけたらという思いで尽力させていただいた。
a0099285_1852842.jpg

 9時半スタートのハーフマラソンに出場するランナーは8時前からブースに足を運んで下さった方もいらした。毎年参加されている方の中には、毎年ブースに立ち寄って下さる方も少なくない。「(この大会は)このサービスのおかげで安心して走れています。」といった声も聞かれた。
a0099285_18185650.jpg

 11時ごろから1時過ぎまでは17台あるベッドが常に埋まり先生方もスタッフもフル回転でサポートに当たった。2時過ぎの終了時まで、ブースに訪れたランナーの延べ人数331名。全参加者の数から見たらごく小数ではある。だが、ブースを見てくれた人も含めてケガを予防すること、テーピングやアイシング、ストレッチやマッサージといったトレーナーサービスを通してからだのコンディションを整えることの認知が広まれば幸いである。 先生方、大会関係者の皆様、ありがとうございました。
                                    渡部 政明
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-27 12:13 | Comments(0)

転ばぬ先の、、、

  高齢者によく見られる足の上がらないすり足、歩幅の小さいちょこちょこ歩き。これらは道路のわずかな段差、歩道ブロックの境目などにつま先を引っかけ、転びやすくなります。ゴルジのトレーニングでは、高齢の方には転倒予防のための足腰の筋力トレーニング、またちょっとしたことでよろけてしなわないようにバランストレーニングなどもプログラムに取り入れています。こういった内容の30分間のトレーニングを、週に1~2回続けてくださっている70歳以上の方もいらっしゃいます。
 
 今回は自宅で簡単に出来るバランス歩行トレーニングをご紹介します。

●つぎ足歩行
 素足で、フローリングの木目や畳のへりなどに沿って、かかととつま先をぴったりつけながら歩きます。
●クロス歩行
 足を交差させながら、ゆっくりと横歩きをします。1歩目は前で交差、2歩目は後ろで交差と前後交互に進みます。
 
 慣れないうちは壁づたいに行ってみましょう。

                                  寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-27 11:46 | Comments(0)
昨日は、先日ブログでお知らせしていた、スポーツケア入門セミナーを開催しました。 
今回のテーマは、「スポーツケガの正しい応急処置とリハビリトレーニング」でした。 急なケガをした時の、RICE処置や簡単な固定法、競技復帰に向けての段階的なトレーニング法についての基本的なことをお話しました。 また途中では、家庭でつくる氷を使ったアイスパックをつくる実習を行ったりもしました。 約10名の参加者のみなさんは、一生懸命に講義や実習に参加してくださいました。 積極的に質問をしてくださる方もいて、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。 現役で部活をしている高校生、スポーツをしている子どもをもつ保護者、スポーツ指導者の方など様々な方にご参加頂きました。 少しでも、今回の講義や実習が現場でお役に立てばと思います。 みなさん、お忙しい中ご参加頂きありがとうございました。
                                     高橋佳史
a0099285_8541392.jpg
a0099285_8543224.jpg

 
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-26 04:44 | Comments(0)
a0099285_12628100.jpg

 毎週金曜日の体操教室。本日は雨の振る中、主婦の方々がお集まり下さいました。本日の担当は浮世です。
 写真のように、開脚のチェックを行いましたが、手前の方は膝が曲がっていますね。太もも後面のハムストリングスと呼ばれる筋肉、太もも内側の内転筋群が硬く、ご自宅でもストレッチをして頂いています。努力の甲斐あって、少しづつ開脚時の膝が曲がらないようになってきました。
a0099285_1264063.jpg それと本日は嬉しい報告が!ある方が、意識はしていないのにお腹周りがしまってきたとのこと。シェイプアッププログラムは組んではいないのですが、体操によって体幹部の深層筋にしっかり刺激が入っている証拠です。ストレッチも継続することで下半身に老廃物がたまりにくくなりますし、このまま続けていけばナイスバディになれるかも・・などと話して盛り上がっていました^^また来週楽しみにしていてください。お待ちしています!

                          寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-24 12:08 | Comments(0)
キッズ運動会inゴルジ
スポーツの秋、おやこでいっしょに楽しみませんか?
げんきキッズ、あつまれ~!!

☆と き : 11月15日(土)  
a0099285_1146628.jpg☆受付 : 13時30分から 
☆開始 : 14時から
☆ところ: ボディーステーション ゴルジ
☆参加対象: 3歳まで
☆費 用: 保険代300円
☆申込み: 参加申込書に必要事項を記入し保険代を添えて、
        11月7日(金)までにお申込みください。
☆申込み場所:○ボディーステーション ゴルジ
         (五條市岡口2-4-8 JR五條駅北口からスグ 
          TEL 0747-25-1321)

         ○岸田整骨院
         (橋本市橋谷859-39 TEL 0736-37-3623) 
☆持ち物: タオル・飲み物 など
  プログラム 
 1 よちよち競争                 
 2 ハイハイ競争
 3 ねがえり競争
 4 輪くぐり競争
 5 二人三脚(お兄ちゃん・お姉ちゃん競技)
 6 ティッシュ早取り競争
 7 おやこ玉いれ
 8 ママさん競走

たくさんの方のご参加お待ちしております^^

                        寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-10-23 11:43 | Comments(0)