岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

私の空想

 
a0099285_1192871.jpg
 「こっちの地味な子はぴよ子で、あっちのはチョッと派手やからオスやろ。ぴよ吉さんやで!なぁ芝崎さん。」

 「ハハ…。」

 明日から3月ですね。今日の橋本は雲ひとつない青空で、とっても良い天気。鳥たちは本物とまちがう人もたまにいる、かわいい作り物です。


 「今日は暖かいねぴよ子ちゃん。 そうねぴよ吉。」

 「ハハ…。」

                                     杉本久美子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-29 11:16 | Comments(0)
 肌寒い日が続いていますが、朝明るくなるのが次第に早くなり、季節の移り変わりを感じます。

来たる 3月15日(土)  13:30~
  ボディーステーション ゴルジ
  (JR五条駅北口からすぐ)  にて
初午の五穀豊穣と厄落とし  もちまき  を行います!
 (昨年の様子はこちら

ここで配るおもちは、当院スタッフが一つずつ丹精込めて作ります。
 (昨年の様子はこちら

同時に、当院のサービスの体験会も開催します!
 ○耳ツボダイエット簡単体験!
 ○肩腰スッキリ体操☆  などなど

ぜひ、お友達やご近所の方とお誘い合わせの上、おこし下さい!
a0099285_7374461.jpg


                             トレーナー  渡部 政明
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-27 07:37 | Comments(0)
世界を見渡してみれば、昼寝の習慣を持つ国は約50%にもいるそうです。「昼寝」の驚くべき効き目
a0099285_1610355.jpg数年前久留米大学医学部の教授たちが、ある県立高校の生徒約1000人を対象に睡眠に対する調査を行った。まず5月に睡眠状態を確認するアンケートを実施。すると平日に十分な睡眠時間が取れていないと答えた生徒は61%「午後の授業中、我慢できないほどの眠気を感じる」と答えた生徒は88%だった。6月以降、45分間の昼休みのうち、午後1時15分から15分間を昼寝タイムに設定。校内放送でモーツアルトを流し、生徒は机に座った状態で仮眠を取った。40日後再びアンケートを取ったところ週に1度でも昼寝をした生徒は208人おり、そのうち3人に2人が「授業中集中できた」「勉強にやる気が出た」と回答されたようです。さらに、昼寝をしなかった生徒に比べ、彼らの成績は大幅に上がり、事業中の居眠りも極端に減ったそうです。今では、この例にならって昼寝の導入を検討している学校も多い
注意:昼寝は20分をめどに・・長くても短くても逆効果。
眠るのが難しければ座ったまま目を閉じるだけでもいいそうですよ。
                              前谷 恵美
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-20 16:18 | Comments(0)

からだリセット体操!

 2月16日(土)、今日は月に一度行う、須恵公民館でのセミナーの日です。
a0099285_9501766.jpg

 今回は「からだリセット体操」で、浮世が担当させていただきました。相変わらず寒い日です。。ゴルジから車で3分ほどのところに公民館はあり、いつも私たちが行くまで館長さんは待ってくれています。すごくよくいろいろな事を話して下さるのと、公民館をお借りするときは「ここにポスター貼ったら見てくれるよ」などアドバイスを下さります。いつも感謝感謝です。

 雪がチラつく中、足を運んできて下さりセミナーをスタートすることができました。
まずは体のチェックから。一人一人体の使い方も違えば、負担のかかるところも違ってきます。ご自身で体感していただき、知っていただくことで腰痛や肩こりも改善され、より健康な体を作ることができます。血流も良くなれば冷え性の悩みともおさらばですよ~。
チェックを行った後はゆっくりとした体操。ペアになってのパートナーストレッチ。リラックスミュージックの中ですべてのメニューが終了したころには体はホカホカ(。。)温まったところで再度チェック!!「すごい動くようになりました!」「最初とぜんぜん違う」など体の変化に喜んで下さったかたもいて私自身も嬉しく思いました。

 寒いと体を動かすのもしんどくなってしまいがちですが少しでも動かすことで変化は必ずあらわれます。今回の体操が皆さんの健康の手助けになればと思っております。
                       トレーナー  浮世麻耶
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-16 22:26 | Comments(0)

制作展

 先日、妹が通っている大学の制作展に行ってきました。
 まずは妹のを見ようと、大学で行われている進級制作展へ。妹が普段、家でも悩みながら取り組んでいた課題が、完成して展示されているのを見ると、なんだか感動しました。他の学生の作品も見て、次は卒業・終了制作展をしている美術館へ。
 最終日で日曜日ということもあってか、学生や保護者、関係者、一般の人まで、たくさんの人が見に来ていました。卒業制作は普通の大学の卒論と同じものらしいので、今まで勉強してきたことがそこに詰まっているんだと思うと、美術に詳しくない私でも「すごいなぁ・・・」とため息が出てくるほどでした。日本画、油画、版画、彫刻、陶芸、染織、イラスト、マンガ、アニメーション、観光デザイン・・・などなど、色々なものを一度に見ることができて、とても楽しかったです。あっという間に時間が過ぎてしまいました。人生初の美術館にも感激。芸術に浸った一日でした。
 こんな機会ができたのは、そういう学校に進んだ妹のおかげです(^_^)来年は妹の卒業制作を見に、美術館へ行かないと!(ちゃんと卒業してね。)
                                  芝崎 仁美
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-15 09:49 | Comments(0)

Tさんのこと

a0099285_1191829.jpg
 
 今回は、ゴルジに来て下さっている患者さんをご紹介します。ここではTさんとお呼びします。このTさん、おいくつだと思いますか?
 Tさんは多趣味・活動的な方で、実は私も将来こんな風になれたらな、と密かに憧れています。社会的な活動にも熱心で、更正保護女性会の五條地区会長をされています。主に子育て支援をされているそうですが、その他にも刑務所や施設の慰問といった活動にも積極的です。

 そして見て下さい!額縁の蘭の花を。油絵でもない、写真でもない、なんとTさんが丹念に作成された「ちぎり絵」なんです!この絵を見た人は10人が10人、ちぎり絵だとわかりません。ちぎり絵を始めてまだ6年くらいだそうですが、すでに極められています。
a0099285_1193080.jpg

 この蘭は、根っこまでしっかり描かれています。この美しい蘭の花、土中にはこんなにしっかりと縦横無尽に根が張られています。この根があるからこそ、人々を魅了する花が咲くのですね。絵を見ていると、こんなことを考えてしまいます。

 Tさんは文化的な趣味の他にも、体の事を考えて週に一回スイミングを続けてらっしゃいます!私が思いますに、Tさんの元気の元は、運動と趣味と、それに草の根社会的活動にあり!スタッフにもちぎり絵を教えて下さったり、家族の近況を尋ねてくださったり、Tさんは皆の良き先輩です。

                                寺峰千子
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-13 11:12 | Comments(0)

 登山

 先日、高校生の息子が学校の行事の一つである金剛登山に行って来ました。
山登りは、小学生のころに父に連れられ、松茸山に登ったぐらいで、この季節に、雪のある山なんて登ったことがないので、不安だったようです。a0099285_9353547.jpg
 まず、「アイゼン」がどんなものなのかが分からず、とりあえずスポーツ店に行けばあるだろう。と言う事で行き、店の人に教えてもらいました。
「学校の登山ならこれでいけるよ」って教えてもらったアイゼンが、いざ、登ってみると、雪が積もるというより、道が凍っていてアイゼンの「歯」が立たなかったようです。
 行きはまだまし、帰りは滑って怖かったようです。「次の時は、もっといいアイゼン履いていかなあかんわ」とポツリとこぼしていました。とても苦労したようです。
それほど大きな山でもないけれど、山の怖さが分かりいい体験が出来たと思います。                         下垣 千恵美
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-08 09:52 | Comments(0)

水ぶくれ

 写真の足首を見てください。何が起きているかわかりますか?
 部活の練習中に捻挫を起こし、応急処置にコールドスプレーを使用し、局所的に急激に噴射したために水ぶくれになってしまいました。
 お手軽に使えるコールドスプレーですが、使用法を間違えると後に大変なことになることが、おわかりだと思います。
 急激に皮膚表面が凍傷を起こした割には、深部の冷却効果は今ひとつ。やはり急激に起こったケガに対しては、氷を使ってのアイシングをおすすめします。ビニール袋に氷を入れ、約20分間冷やす。これに勝るファーストエイドがないことを、今一度確認してほしいものです。
a0099285_9125021.jpg
 足首周囲の水ぶくれのため、本当に痛めてしまった捻挫の治療ができにくい状態が続きます。

                                     岸田 昌章
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-05 09:15 | Comments(0)

抵抗力

2月は、一番寒さのきびしい季節です。寒くなってくると人間のからだは低温に適応するように変化しますが、十分な栄養をとって、からだに抵抗力をつけておかないと寒さを感じて、かぜをひきやすくなります。
かぜの予防には、うがいや手洗い(簡単ですが、つい忘れがちです)をすることと、抵抗力をつけることです。
たん白質は寒さに対する抵抗力を強め、からだを温かくします。牛乳、肉、魚、卵、大豆などを食べましょう。かぜのウイルスに負けないように、ビタミンAを多く含む色の濃い野菜や、ビタミンCを含む野菜、果物、イモ類を食べましょう。
我が家では、鍋が冬のお助けメニューです。冷蔵庫にあるもの(残り物??)ですぐにできます。(大根や人参は、ピーラーでめんのようにして)だしのでたスープで、雑炊やうどんで最後まで楽しめますし、からだもあたたまります。一番のお助けは、あとかたずけが楽(らく)です。
                        受付    宮内
[PR]
by kishida-golgi | 2008-02-01 14:56 | Comments(0)