岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0099285_1629498.jpg 昨日は午前中のみの診療でしたのでお昼からスタッフ全員ゴルジに集合し大がかりな大掃除がはじまりました。
1年の汚れを落とすのはやはり並たいていの事ではありません。
治療室をする時は治療室の物を全部動かし待合室・受付・トレーニングルーム・痩身の部屋・事務室・廊下とすべてにワックスがけをしました。
なんせ広いもので大変:大変
だけどスタッフはその後の忘年会を楽しみに一生懸命頑張りました。
そしていよいよお待ちかねの忘年会a0099285_16301739.jpg    もちろん鍋!事前にくじ引きをして「てっちり」「ちゃんこ」に分かれました。私は希望通り「ふぐ」でした。ラッキー(^_^)v  その上、岸田代表のお母様から素敵な手作りのキーホルダーを一人・一人頂きとてもうれしかったです。有難うございました     
 岸田奥さんからもスタッフ全員に品物とお年玉をいただきました。ほんとうに温かい心使いありがたく思います
とても楽しい忘年会でした・・・では終わりません
まだまだ続きます・・・第2回ボーリング大会にうつります
岸田家の子供達も加わり総勢19名によるボーリング大会です。
またもや事前のくじ引きでレーンを決め点数を争いました。
これも景品が頂けるとあってみんな必死に最後の力を振りしぼり悲鳴やら歓声やら分らない声を発し、がんばっていました。2ゲーム中合計得点で争います。だいたい上位は予想がつくと思いますが・・・
その通り1位、高橋(さすがマイボールを持っています)2位、渡部でした。
岸田代表ですか?代表は少し飲みすぎた?ようで本調子ではなかったです。
私ですか?堂々9位でした・・・
最後にみんな素敵な景品を頂き満面の笑みでの解散となりました。
岸田代表・奥さん楽しい時間をありがとうございました。
ブログをごらんの皆様今年もお世話になりました。来年もスタッフ一同宜しくお願い致します。
                            下垣 千恵美
a0099285_16595539.jpg
a0099285_1701126.jpg

[PR]
by kishida-golgi | 2007-12-28 17:00 | Comments(2)
昨日、隔月で恒例となっている地域公民館での体操講座を開催しました。
今回の内容は、『おなかスッキリ!全身矯正体操』でした。 まず最初は、各関節の動く範囲や左右差をチェックしました。 みなさん個人差はありますが、やはりそれぞれ歪みを持っておられました。 そこから早速体操開始♪ 普段は行はないポーズや気持ちよく捻る体操を中心に行いました。 みなさん「あら、こっちがやりにくいわ」など、それぞれ自分の体の左右差を感じておられました。 約30分の体操の後、再びチェック。 「右と左の肩の高さが揃った!」、「最初より動かしやすくなった」、「まだ少し左右差があるな」など様々な結果がでたようですが、なんとかみなさんに少しですが、自分の体を感じて頂けたのではないかと思います。
このような体操講座やスポーツケア入門講座などを毎月1回開催しております。 またこのブログ上でもお知らせさせていただきますので、どうぞお気軽にご参加ください♪
                              トレーナー 高橋 佳史
               【体操講座の様子♪♪】
a0099285_9542023.jpg

[PR]
by kishida-golgi | 2007-12-23 05:12 | Comments(0)

うちのねこ

先月の20日に小学校から、ある“お知らせ”を持って帰ってきました。「応募作品の入賞お知らせ、宇陀・阿騎野俳句大会実行委員長 瀨山一英」です。
 内容は「この度、小中学生の俳句募集にあたり審査の結果、貴校6年宮内清孝さんの作品が小学生の部特選賞に選ばれました」でした。
 子どもに「何出したん?」と聞きましたが、答えは「わからん。忘れた。」でした。
 宇智小からは2名選ばれたみたいですが、全体で何名入選したのかは不明です。 
後日、小学校から参加賞(えんぴつ2本)と特選賞(図書券1000円分)を持って帰ってきた封筒に入選した俳句が書かれていました。
 『うちのねこ すずしい場所へ すぐ動く』でした。家族みんなで、何でこの俳句が特選なんや?!ということになりましたが、(寸評は書かれていなかったので)結論は出ませんでした。
 『うちのねこ』の“うちの”が小学校の名前“宇智小”のうちと韻を踏んでるからかなぁ~?!と私なりに考えてみました。
俳句に詳しい方は、教えてください。よろしくお願いします。
                           受付   宮内
[PR]
by kishida-golgi | 2007-12-21 16:17 | Comments(3)
11月10日(土)から兵庫県三木市で開催され、初日に大会トレーナーとして参加した 西日本大学軟式野球選手権大会。この大会では、トレーナー活動のみならず、様々な立場の方々とお話しすることができて、いろんなことを感じ、考えるいい機会になりました。今回は前回のブログでは書ききれなかった2試合目以降のエピソードを紹介させていただきます。

午後3時、ようやく第2試合が始まりました。この試合は大会関係者曰く、1回戦屈指の好カードだそうで、昼食を食べながらいただいた要項を見てみると、出身高校の欄には甲子園常連校がずらり。実際に甲子園の土を踏んでいる選手も少なくありませんでした。とてもレベルの高い試合でした。レベルが高くなればなるほど点が入らない軟式野球の試合の勝敗を分けたのは、たった1つのエラーと、そのワンチャンスを逃さず得点に結びつけた勝負強さでした。大会トレーナーとして、突発的な事故の場面を見逃さぬよう、試合からは目を離さなかったのですが、同時に試合の中でレベルの高い選手の動きを見ることで、トレーニングとの結びつきを考えることもできました。

されど、こんなことを書いても、『所詮、軟式やろ。』って思われる野球経験者の方も少なくないと
思います。というか、私自身が現場に行くまで、正直そう思っていました。軟式野球は、硬式野球部のレベルやモチベーションに届かない選手がやるものだ。高校時代は野球に心血を注ぎ、体育大学出身である私はそう思い込んでいたのです。
ところが、前回のブログでも報告させてもらったように、大学自体に硬式野球部が存在しない等の理由で軟式野球をやっている選手も多いのです。特に2試合目の両チームの選手からはアツい情熱を感じました。
確かに、2試合目に勝ったチームの選手は、見てくれは決してさわやかではありませんでした。エースの選手の帽子の後ろからは、ドレッドした茶髪がハミ出していました。チームの中のほとんどの選手が茶髪で、いわゆるロン毛の選手も少なくありません。いまだに野球に対しては正統派の高校球児の心を持つ私は、「高校時代の(技術や体力の)貯金で野球してるんだろうな。」と否定的な捉え方をしていました。
そしたら、試合後になんとそのエースがトレーナーブースにやってきたのです。正直外見からは想像できないほど、しっかりしていました。そして野球な関しては本当に真剣に取り組んでいることがわかりました。肩にテーピングを施し、疲労部にストレッチをかけて、試合後に自分でもできるケアとこれから取り組んでほしいトレーニングを伝えました。
                             トレーナー  渡部 政明
[PR]
by kishida-golgi | 2007-12-19 07:43 | Comments(0)

開かずのベランダ

 昨日は風が強かったので、落ち葉の量が多いです。
 私の部屋にはベランダがあります。布団をそこで干すこともないし、最後にそこに出る窓を開けたのは何年前かもわからない。
 大そうじの時期になっても、恐ろしくて開けられない。
 でも今年こそはと、窓際にあるベッドと衣装ケースを移動させ、普段は掃除できないところをきれいにし、窓の内側を拭きあげ「いざ外側を!」と窓に手をかけると…うんともすんとも動きませんでした。
 結局外側は汚いまま。昨日の風で、さらに落ち葉がてんこ盛りです。
 みなさん大そうじでケガなどしないように、気を付けて下さい!  杉本
 
[PR]
by kishida-golgi | 2007-12-15 09:02 | Comments(0)

加圧トレーニング

加圧トレーニングがスポーツ新聞で紹介されました!!
a0099285_11152915.jpg
見出しは「紀香式トレ金本導入」!!   
加圧トレーニングとは筋力持続力や怪我での回復力アップ、ダイエットにも効果的だと言われています。軽い負荷の運動で大きなトレーニング効果が得られる世界初の画期的なトレーニング方法。女優の藤原紀香さんやレッドソックスの松坂大輔.選手ら芸能界やスポーツ界など幅広い分野で取り入れられています。
 今回の記事の内容はプロ野球選手、阪神タイガースの金本選手が左ひざの手術後の早期回復のために加圧トレーニングを導入したということ。左足の筋肉が手術前より低下している金本選手にとっては実際に重い負荷をかけず比較的、短時間で効果の上がる「加圧トレはまさにうってつけともいえるそうです。
 当院でも実際にリハビリとして加圧トレーニングを定期的にされている患者さんは少なくありません。
a0099285_11162828.jpg
腕に加圧ベルトを巻きトレーニングをしている様子です。
              浮世麻耶
[PR]
by kishida-golgi | 2007-12-12 01:19 | Comments(0)

おめでとうございます。

 以前ブログでも記載させていただきましたが、11月30日締め切りで、箱の中にはたくさんのアンケート・ワクワククイズ用紙がはいっていました。
その中から5名を選ばさせていただきました。先にクイズの回答者だけをよけて、箱の中に手を入れて引くという方法をとらせていただきました。12月1日の当選者の方の張り紙を待合に貼らしていただき、やはりアンケート箱にいれた患者さんは気になるのか、貼っている紙を見にいく風景がおおかったように思います。またクイズの回答はあっているのですが、名前の記入もれもあり残念な人も多かったです。次回からは気をつけてくださいね。
そして昨日一番最初に正解された方が来院されました。帰りに景品を渡した時の様子です
a0099285_9172594.jpg


あたった時の感想です。
「やぁ~めちゃくちゃうれしいわ~」袋の中をのぞき「やぁ~こんなん高くて使ったことないわ。ありがとうね。」
また次回もたくさんのアンケート宜しくお願い致します。
                         まえたに
[PR]
by kishida-golgi | 2007-12-06 09:36 | Comments(0)

肩関節脱臼

a0099285_16245683.jpg

 非常に珍しい写真です。
 本日早朝に『肩関節脱臼』、すなわち「肩がぬけた」状態となり、来院された患者さんを整復しているところです。
 治療室に入られた時は、痛みも強く、少し動かしただけで悲鳴をあげる程です。
 ベッドの上で患部の腕をゆっくり牽引(けんいん)しながら、上腕骨頭を元の位置に戻しています。“ポコッ”とかなり大きな音とともに整復は完了します。この間、わずか30秒たらず。
 麻酔も使わず、“手ひとつ”で整復することは、私達“柔道整復師”のまさに腕の見せ所です。
 昔は“ほねつぎ”と呼ばれていた私達先輩の医術のひとつです。今ではマッサージ的な施術が多くなっていますが、当院ではこのような急性に起こる“ケガ”に対しても施術を行っています。
[PR]
by kishida-golgi | 2007-12-03 16:35 | Comments(2)