岸田整骨院


by kishida-golgi

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0099285_1794146.jpg

10月28日日曜日、9000人以上のランナーが集う、「和歌浦ベイマラソンwithジャズ」
今年もボランティアでトレーナー活動をさせて頂きました。トレーナーは全部で16人、岸田整骨院・ゴルジからは5人の参加です。

まだ暗い朝、午前5時30分に院を出発して和歌浦へ。
土曜日は雨でしたが、この日は天候に恵まれ晴天です。このマラソン大会にはハーフ・10キロ・5キロ・3キロのコースがあり、ジャズの生演奏をコース上の各ポイントで聞けるというなんともオツな、全国でも数少ない大会です。
トレーナーブースを訪れるのは大半がハーフ・10キロの参加者ですが、年代は様々、60代でも足取り軽やかにレースの準備に体のケアをしに来られる方もいらっしゃいます。

a0099285_1710498.jpg

処置はテーピングやストレッチ、動きの改善、マッサージやケガの消毒など。整骨院や治療院内とはまた違い、限られた時間の中での処置が求められます。そうこうしているうちに、レース後のランナーがやって来始めました。12台のベッドがフル稼動、次々と訪れるランナー達。一時は30人待ちにもなり、長らくお待たせした選手の方達、申し訳ありませんでした。


今年はお昼には気温がずいぶん上がり、それにともなって発汗量も増加、血中の水分・ミネラル量の低下による足の筋ケイレンが多く発生。レースの練習不足もありますがストレッチや水分補給の不足も主な原因になります。ひどいケイレンになると、ふくらはぎだけでなくすねの前の筋肉や足の指までつっている方も。
「ちょっと甘く見てたわ~」「水分が足らんかった・・・」
つった方には、ストレッチ・アイシング処置を行うとともに、次回のレースでの参考になればと水分補給の仕方や食事面でも気をつけると良い事などをお伝えしました。

全てのレースが終了し、トレーナーブースを片付け始めたのが14時ころ。過去最高の約300名の方に、トレーナーサービスを行うことができました。
こうしたトレーナー活動を行っていく中で、ケガの予防や処置法などをお伝えし、これから先も習慣にして頂ければこれ以上のことはないです。ひとりでも多くの方がケガなくコンディションのいい状態で競技を行えることが、私達の願いです。

                     トレーナー 寺峰千子
[PR]
by kishida-golgi | 2007-10-29 17:13 | Comments(0)
 10月27日土曜日、月に1度の五條市須恵公民館でのセミナーが行われました。
前回は腰痛についてのお話しと自宅で簡単にできる体操でした。今回は体操が中心の「体の歪みを整える体操」です。
 空模様は朝から雨・・・公民館の中での体操とはいえ雨では参加者の方もお家から出にくいでしょう・・と心配していましたがちょ~どいい時間に上がってくれ助かりました(><)よかった~♪

 午後2時、8名の方がお越しくださいました!まずはご挨拶と自己紹介。その後は「なぜなぜ体は歪むのか」を少しだけお話させて頂きました。

 体操を始めていただく前に左右、前後の動きのチェック、体の柔軟性を体で感じていただき、体操スタートです。 日常的に悪い姿勢をとっていると、筋肉がアンバランスに発達したり衰えたりしてしまいます。 これが骨に影響を与え、背骨や肩甲骨、骨盤などが自然な形から歪んでしまうと考えられています。硬くなってしまっている筋肉を緩め、弱ってしまっている筋肉に刺激をあたえ呼吸を整えながらゆっくりと動かしていきます。

 参加者方のなかには「左右のバランスがわかった。だから腰痛が起こったのね」などとご自身で発見もしていただき、集中しながら、たまに笑いありの1時間でした。
a0099285_21434248.jpg
2人組で股関節の動きを整えていま~す★

月に1度の公民館セミナー。これからも少しでも皆さんの健康のお役に立てればと思います。
                     トレーナー  浮世麻耶
[PR]
by kishida-golgi | 2007-10-28 21:54 | Comments(0)
突然ですが、”慣用句の使い方”についてクイズをー。
どちらが、正しいでしょうか?
《使い方》                            回答率
1.混乱した        A.上や下への大騒ぎ      59%
                B.上を下への大騒ぎ      21%
2.そう思い通りにはいかない  A.そうは問屋が卸さない68%
                     B.そうは問屋が許さない24%
3.夢中になって見境がなくなる A.熱にうなされる    48%
                     B.熱にうかされる    36%
《意味》
4.役不足       A.本人の力量に対し役目が重すぎる50%
              B.本人の力量に対して役目が軽すぎる40%
5.流れにさお     A.傾向に乗って勢いを増す行為   18%
              B.傾向に逆らい勢いを失わせる行為62%
6.気が置けない   A.相手に遠慮をしなくてよい     42%
              B.相手に遠慮をしなくてはいけない 48%
7.ぞっとしない    A.おもしろくない            31%
              B.恐ろしくない             54%
8.やおら        A.いきなり、急に           44%
              B.ゆっくりと               40%

                           (文化庁国語世論調査より)

{正解}
1.B 2.A 3.B 4.B 5.A 6.A 7.A 8.B

文化庁が実施した国語に関する世論調査で、大半の人が逆の意味で使っていることばがある。
本来の意味をもう少し意識するようになれればー。
                  受付            宮内
[PR]
by kishida-golgi | 2007-10-24 10:46 | Comments(0)
10/20(土曜日)、夕方から和歌山市にあるビッグホエールという大きな体育館に行ってきました。
2015年に開催される和歌山県での国体に向けて子ども達の運動能力を底上げしようと、実施されている「ゴールデンキッズ発掘プロジェクト」約2000人の中から選ばれた40~50人の小学4年生のトレーニングを見学に行ったのです。 4月から毎月、荒木先生(徳島大学教授)を招いてコオーディネーショントレーニングを指導して頂いているそうです。 1時間という短い時間でしたが、大変内容が濃く、おもしろくてもの凄く勉強になりました。荒木先生が書かれている記事は何度か読ませて頂いていたのですが、実践版を見るのは初めてでした。 さすが脳神経科学の研究を専門とされているということで、1つ1つの種目がよく考えられていて奥が深いんです。しかも、1種目は短くポンポン進んでいきます。 参考になるものばかりでした。 少しの時間ですが、直接お話しすることもでき、大変有意義な時間を過ごすことができました。
内容がものすごくおもしろかったので、帰りの車の中では、家に到着するまで一人で興奮しっぱなしでした(笑) 
時間を使って足を伸ばすと必ずイイことがありますね♪
                             トレーナー 高橋 佳史
         【特殊なリズム音楽に合わせての体幹運動】
a0099285_752587.jpg

             【予知感覚能力開発の運動】
a0099285_7542872.jpg

[PR]
by kishida-golgi | 2007-10-22 00:28 | Comments(0)

☆ミーティング☆

 10月19日(金)岸田整骨院、ボディーステーション・ゴルジ、スタッフでのミーティングが行われました。
ミーティングは月に1回行い、月の会計報告や各自受け持つ教室の人数、ココクラブの活動など順に報告し合います。報告の後には毎回代表が決めたテーマついて話します。一人一人の意見を言う場もあり、仕事についての意識を高めていきます。スタッフ全員のベクトルを合わせ、少しでも皆さんのお役に立てればと思います。
a0099285_16562091.jpg
これからもよろしくお願いします。
                           浮世麻耶
[PR]
by kishida-golgi | 2007-10-19 16:58 | Comments(0)

衣替え

 今日の朝は少し涼しく感じました。出勤途中にある道路の気温表示は、私が午前8時前に通ったとき15度でした。
 私がいつも通り半袖のユニフォームで出勤すると…みんな長袖でした(笑)でも今日1日過ごしてみて「今週はまだ半袖でいける!」
 さすがに私服は秋っぽい服に変わりましたが、衣替えは“月の初め・週の初め”にしたい性格なので、長袖のユニフォームは月曜からにしようと思いますヽ(・v・)ノ杉本☆


 
 
[PR]
by kishida-golgi | 2007-10-10 18:25 | Comments(0)

岸田整骨院 満18歳

 平成元年10月2日(月)快晴の日、橋本市で岸田整骨院が産声をあげました。
 当時は駅の周囲に住宅がポツリポツリとあるだけで、家の前にそびえる13階建てのマンションもない、開発途中の住宅地でした。むかいの山や田んぼは黄金色に輝き、彼岸花が燃えるような赤で田んぼの周囲を埋め尽くし、それはそれは見事な風景が昨日のように蘇ります。
 地域の人々や多くの方々の、少しでもお役に立てることができればと思い、18年間頑張ってまいりました。
 本日から19年目を迎え、また新たな気持ちで出発したいと思います。

  “3つの誓い”
 ・私はみなさんの早期回復のために全力で施療を行うことを誓います。
 ・私はみなさんに健康に関する正しい情報を発信することを誓います。
 ・私はスポーツにおいて正しいコンディショニングとケアが普及するよう
  活動を行うことを誓います。

 約10年前に考えた、私の目指す方向です。
a0099285_1174965.jpg

                                     岸田 昌章
[PR]
by kishida-golgi | 2007-10-02 11:08 | Comments(2)
ミスタータイガース・掛布雅之氏にお会いしてきました!と言っても、講演会での事です。

9月最後の土曜日、和歌山県かつらぎ町スポーツ少年団・体育協会が主催のジュニアスポーツセミナーに、紀和ティンカーベルズのスタッフとしてトレーナーの高橋・浮世とともに参加してきました。
内容は2本立て、一つ目は大阪市立大学大学院・スポーツ研究センター所長、宮側 敏明先生による「スポーツ活動中の熱中症について」、
二つ目は元阪神タイガース選手・現野球解説者の掛布雅之氏と、野球の実況中継でおなじみの西澤アナウンサーの対談形式の講演でした。

熱中症については、いつも勉強していることに加えて更に深く生理学的な内容や、子どもと大人の違いなど細かく講義して下さり、対処法に対する知識の裏付けを深くさせることができました。

一つ目の講演が終了したところでハプニング発生!
アナウンスがあり、掛布氏が交通事故による渋滞のため到着が遅れるとの事、会場がややざわつきましたが、その後10分遅れで無事到着されました。

掛布氏と言えば、タイトルにもあるように4代目ミスタータイガースと言われ、1974年から1988年まで阪神一筋で、その間10年間はオールスター戦連続出場、3回の本塁打王、1979年に出した48本の本塁打という日本人選手の球団記録は、いまだ破られていないという選手。
小学生時代には、男子生徒が「カケフ、カケフ」と騒いでいたことを思い出します。

その掛布氏が、野球に関する思いを、同期の江川投手との名試合の解説や、幼少の頃の思い出などを交えて語ってくださいました。最後には野球少年にバッティングフォームを指導する場面もあり、テレビで見ている通りの、気さくで穏やか、且つ一生懸命な掛布氏でした。
公演中の写真撮影は禁止、掛布氏の講演の模様を画像でお伝えできず、残念です。

しとしと秋の長雨が降り続いたこの夜、3時間半に及ぶ講演会でしたが外に出かけていくことで得るものがあり、有意義な時間を過ごすことができました。

                    トレーナー 寺峰 千子
[PR]
by kishida-golgi | 2007-10-01 12:49 | Comments(0)