岸田整骨院


by kishida-golgi

色の効果

 色彩が人の感情に与える影響は多いようです。リラックスさせる色や高揚させる色、脳に刺激を与える色など様々。

 5月は新緑まぶしい季節です。“緑”は休息感を与え、ストレスを和らげる効果があります。
 “青”は鎮静効果があり、眠れないときは青いパジャマを着ると眠りやすくなるとか。
 元気になりたい!ココ一番!のときには“赤”。“赤”はアドレナリンを増やしたり、心拍数を上げたりする効果があるとされているので、勝負ごとなどに挑む場合にいいようです。
 “紫”は、悩みや緊張、ストレスですり減った神経を癒し、穏やかな気分を取り戻します。
 “ピンク”は、人に対してやさしい気持ちを持ちたいときや理解を深めたいときに使うと効果的。

 また、自分が好きな色にはヒーリング効果もあると言われているので、身の回りの色使いにも気をつけてみることで、様々な効果が得られるようです。

                                            芝崎 仁美
[PR]
by kishida-golgi | 2011-05-14 19:45 | Comments(0)